メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

高校球児のダルビッシュ&イチローとの歓喜、見たことある? Numberカメラマンらが撮った“秘蔵写真”

posted2020/11/09 11:02

 
高校球児のダルビッシュ&イチローとの歓喜、見たことある? Numberカメラマンらが撮った“秘蔵写真”<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama/Getty Images

2011年の日本ハム時代(左)と今年のカブス時代。ダルビッシュのピッチングは言い知れぬカッコよさがある

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama/Getty Images

 2020年のメジャーリーグは60試合制のショートシーズンとなったのが惜しいほど、ダルビッシュ有の快投は圧巻だった。日本人メジャーリーガー初となる最多勝(8勝)をはじめ、防御率2.01、93奪三振など素晴らしい成績を残し、ナ・リーグのサイ・ヤング賞最終候補に選出されている。

 トレバー・バウアー、ジェイコブ・デグロムとのハイレベルな争いとなっているが、こちらでも日本人選手初の快挙となるか――。同賞発表のタイミングを前に、これまでのダルビッシュの足跡と実績を、写真とともに振り返ってみよう。

(1&2)2019後半戦&2020シーズン、カブスのエースに君臨

 2018年、ダルビッシュはロサンゼルス・ドジャースからFAとなり、シカゴ・カブスと6年契約を結んだ。しかし右ひじの故障もあって1年目は1勝3敗、防御率4.95の成績に終わると、翌19年前半戦も防御率5点台と苦しんだ。

 しかし後半戦に入ってからは一気に復調。奪三振数を与四球数で割った数値である「K/BB」では「16.86」と2位バーランダーの「9.80」を突き放し、9イニング当たりの奪三振率である「K9」でも「13.00」の高数値。サイ・ヤング賞のデグロムが4位(11.20)、最強サウスポーのカーショウが5位(11.12)だったことを踏まえると、進化の予兆を見せていた。

 そして迎えた2020シーズン、前半戦から自身初となる7連勝をマークし、前半戦の防御率はなんと1.47と“無双”だった。悲願のワールドシリーズ制覇こそならなかったものの、サイ・ヤング賞最終候補に名を連ねるのは自然なことだろう。

【次ページ】 レンジャーズ&日本ハムでの快投

1 2 3 4 NEXT
ダルビッシュ有
シカゴ・カブス
テキサス・レンジャーズ
北海道日本ハムファイターズ
東北高校

MLBの前後の記事

ページトップ