野球善哉BACK NUMBER

来秋ドラフト目玉の“最新型ピッチャー”とは? 令和の高校生は「緩急で投げない」「球速にこだわらない」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/11/05 17:02

来秋ドラフト目玉の“最新型ピッチャー”とは? 令和の高校生は「緩急で投げない」「球速にこだわらない」<Number Web> photograph by KYODO

甲子園、この夏の高校野球交流試合の広島新庄戦で、力投する天理の193cm右腕・達孝太(2年)

 

 その達が視線の先に見ているのはメジャーリーグの偉大な投手たちだ。今すぐメジャーに行けるかどうかの議論はさておいて、ひとまず、目標は世界トップクラスが見せている技術の習得だ。

 見ている先が高いので、彼の情報も小園と同じようにレベルが高い。

「球速」も大事ですが、「回転数」にこだわりたい

 例えば、現在、最速は143キロと身長の割には平凡な数字のストレートは、今年のゴールデンルーキー佐々木朗希(ロッテ)に比べればかなり物足りない。だが、達はストレートに関して二つの持論がある。

「150キロですね。ここまでは高校で到達したいなと思っています。ただ、あまり高校時代から速い球を投げることは体にとってリスクを伴うことがあると聞いているので、そこは気をつけたいなと思っています。球速も大事ですが、ボールの回転数にもこだわっていきたい」

 目標はマックス・シャーザー(ナショナルズ)だ。

 小園とは違って、堂々と目標の選手を口にするのが達だ。シャーザーがメジャーで2番目に回転数が多いことを知ってのことである。

「いかにリリースする時に指先に力を加えられるか?」

 達はストレートの他、スライダー、フォークをカウント球、空振りを取る球と使い分ける。ストレートは球速、コントロールとも、まだ課題がある。どちらかというと、キレのある変化球を意識させながらのストレート、ストレートがコースに決まった後のフォークという配球で打者を打ち取っている。

 ストレートありきの配球で、金属バットを持つ高校生にはかなりリスクが高いピッチングをしている。近畿大会の1回戦では、9回5安打1失点13奪三振で完投勝利。一方、連戦となった準々決勝の大阪桐蔭戦では7回11安打11失点10奪三振。大阪桐蔭打線から7回で11安打を浴びた一方、10三振を奪っている。ドラフト上位候補と噂のある大阪桐蔭のスラッガー・池田陵真からは圧巻の2三振を挙げた。

【次ページ】「いかにリリースする時に指先に力を加えられるか?」

BACK 1 2 3 4 NEXT
小園健太
達孝太

高校野球の前後の記事

ページトップ