スポーツはどこへ行くBACK NUMBER

日本代表オランダ遠征は「何度も無理かも、と」 反町技術委員長&田嶋会長が明かす舞台裏 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/10/30 17:00

日本代表オランダ遠征は「何度も無理かも、と」 反町技術委員長&田嶋会長が明かす舞台裏<Number Web> photograph by Getty Images

植田直通の劇的なゴールで2020年初勝利を飾った日本代表。しかしこの試合を開催するにあたっては困難の連続だった

ただ、状況は日々変化していた

 今回、オランダでの代表戦開催にこぎつけた要因のひとつには、オランダサッカー協会とJFAとの良好な関係性があった。田嶋が説明する。

「現在の会長は昨年就任されたのですが、その前はミハエル・ファン・プラークさんが長く会長を務められてきた。オランダ協会の審判の方で、お父さんはアヤックスの会長をされていて、私も親しくさせてもらってきた。11年の東日本大震災の3日前に来日されて、『日本の若手をオランダリーグで受け入れるから提携しないか』という話もあったんです。最近のオランダリーグでの日本人選手の活躍は、ファン・プラークさんの考えが間違っていなかったことの証明でもあるわけです。そうやって、オランダ協会とは非常に良い関係を築いてきた。それも今回、大きかったと思います」

 もっとも、だからといって、日本代表のオランダ遠征が実現する保証など、どこにもなかった。状況は日々変化し、すべてが白紙に戻る可能性も生じていた。

 9月下旬、新型コロナウイルスの猛威が再びヨーロッパの国々を覆い始めていたからである。

第2回に続く。NumberWeb以外の外部サイトでお読みの方は関連記事『大迫勇也が“カメルーン戦だけ出られた”交渉とは JFA、TV局関係者が語る欧州遠征の「綱渡り」』よりご覧ください)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
反町康治
田嶋幸三

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ