マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

カープ1位は「即戦力」投手、西武はメジャー帰りのあの男を…ドラフト全指名予想【広島・西武・DeNA編】

posted2020/10/25 11:02

 
カープ1位は「即戦力」投手、西武はメジャー帰りのあの男を…ドラフト全指名予想【広島・西武・DeNA編】<Number Web> photograph by KYODO

複数球団からの1位指名が確実視される早大の早川隆久

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

KYODO

「2020ひとりドラフト予想」の第2回は、広島、西武、DeNA編。各球団、どのような構想でどんな選手の名前を挙げてくるのだろうか(全3回の2回目/#1#3へ)。

広島は「即戦力」投手を1位指名

〔広島 2020年ひとりドラフト指名選手〕

1位 投手 栗林良吏(トヨタ自動車)24歳 177cm80kg 右投右打
2位 投手 平内龍太(亜細亜大) 186cm90kg 右投右打
3位 投手 藤野幹大(日本文理大) 191cm80kg 右投右打
4位 投手 辻垣高良(学法福島高) 180cm80kg 左投左打
5位 投手 加藤翼(帝京大可児高) 178cm80kg 右投右打
6位 投手 桑原秀侍(神村学園高) 175cm77kg 右投右打
7位 投手 近藤廉(札幌学院大) 182cm88kg 左投左打

〔広島 総評〕

 本当なら、森下暢仁と左右のローテーションの軸になれそうな早川隆久(早稲田大)だって、鈴木誠也との左右のクリーンアップ確実の佐藤輝明(近畿大)だって、いきたかったはずだ。  

 しかし、今のカープに、3球団、4球団競合のリスクに挑めるだけの余裕はなかった。

 とりわけ「投手陣」だ。  

 今季、戦列を離れたり、戦列復帰が果たせなかった投手を挙げれば、大瀬良大地、今村猛、岡田明丈、中崎翔太、薮田和樹、一岡竜司、アドゥワ誠……そこに、野村祐輔の手術の報まで加わった。

 体調万全なら、強力投手陣が1チーム分作れそうなメンバーだ。

 何がなんでも、確かな即戦力を「1位」で。しかも「単独」か、重複してもせいぜい2球団……そんな狙い、いや願いで指名した1位・栗林良吏(トヨタ自動車)に、他球団が1つも指名しなかったのだから、カープ、まだわずかながらも「持っている」。不調でもなんとか試合を作って勝ちを呼び込む高い実戦力を持つ栗林。チームに「勝ち」が欲しい状況では、「MAXなんキロ」のハデな数字よりどれだけありがたいか。

 「カープ復活」の足掛かりとなれ!

【次ページ】藤野幹大は来季新人王の隠れた「目玉」

1 2 3 4 5 NEXT
早川隆久
牧秀悟
田澤純一
栗林良吏
藤野幹大
高田孝一
森博人

プロ野球の前後の記事

ページトップ