マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

カープ1位は「即戦力」投手、西武はメジャー帰りのあの男を…ドラフト全指名予想【広島・西武・DeNA編】 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/10/25 11:02

カープ1位は「即戦力」投手、西武はメジャー帰りのあの男を…ドラフト全指名予想【広島・西武・DeNA編】<Number Web> photograph by KYODO

複数球団からの1位指名が確実視される早大の早川隆久

7位の高校生は「小さな怪物」

 指名は6位でも、高橋康二(BC福井)には「1年目から!」の期待がかかる。苦労しながらNPBをめざし、やっと実現した夢のマウンドから角度抜群の重い速球とスプリットで「本気勝負」をかける。

 4年目の4番・佐野恵太の台頭はすばらしいが、先を見通すと、もう一枚足りない。

 そこで、3位・古川裕大(上武大)の雄大な「放物線」に賭けた。田代富雄コーチの現役当時、夜空を見上げた大アーチが懐かしい。「お、オレみたいなヤツが入ってきたな……」、果たして、そう言わせることができるだろうか。

 4位・細川凌平(智弁和歌山高)、7位・寺本聖一(広島商高)の2人の高校生。サンショは小粒でピリリと辛い……じゃないが、野球のエッセンスがビッシリ詰まった“逸材”だ。

 中堅手から転向半年で「遊撃手」を手の中に入れた細川は、場数を重ねるほどに伸びてくる野球センスの塊。

 寺本の突き抜けた走攻守と野球小僧ぶりは、3年目あたりからの向こう10年、ベイスターズのリードオフマンをつとめ続けられる資質は十分ある。よそがマークを外していたから「7位」だが、実力だけで評価したら、2位、3位でもぜんぜんおかしくない「小さな怪物」だと考えている。

(ドラフト全指名予想#1【オリ・ヤクルト・日ハム編】#3【楽天・阪神・ロッテ編】、※【中日・ホークス・巨人】の指名予想は#3に記しています)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
早川隆久
牧秀悟
田澤純一
栗林良吏
藤野幹大
高田孝一
森博人

プロ野球の前後の記事

ページトップ