マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「サニブラウンに勝った男」「高校通算55本の飛ばし屋」…2020年ドラフト目玉候補<外野手ベスト3>は? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/10/18 11:00

「サニブラウンに勝った男」「高校通算55本の飛ばし屋」…2020年ドラフト目玉候補<外野手ベスト3>は?<Number Web> photograph by KYODO

ドラフト目玉候補ベスト3 外野手編(1)中央大・五十幡亮汰(172cm72kg・右投左打・佐野日大高)

外野手編(3)東海大相模高・西川僚祐(186cm92kg・右投右打)

 今年の「外野手」に1人、どうしても気になってしょうがない選手がいる。

 東海大相模・西川僚祐(186cm92kg・右投右打)だ。

 プロ志望届を出している東海大相模3人衆(山村崇嘉、鵜沼魁斗)合わせて、高校通算130弾以上……その一角として、最多の55本塁打を放った「和製大砲候補」。有名な大型スラッガーだ。  

 それほどの選手なのに、なぜかそこまで評判が上がってこない。

 とんでもない飛ばし屋なのは、みんな知っている。昨秋までは関東大会など、大舞台でも底なしの長打力を発揮していたが、今年はその本領を披露しきれていない。

東海大相模・西川僚祐外野手編(3)東海大相模高・西川僚祐(186cm92kg・右投右打)。高校通算55本塁打を放った「和製大砲候補」

「神奈川」の独自大会は、プロ野球スカウトたちが球場に入れなかった。甲子園での「交流試合」でも、打ち損じのライト前1本に終わった。

 少ないチャンスで、持てる才能と積み重ねてきた努力の成果を披露しきれずに終わってしまった不運が、今の「評価」になっている。

 実力を秘めているのはわかっている……ならば、この夏も見せてほしかった。それが、スカウトたちの心境だ。

 私なら獲る。バッティングはそもそもが6割、7割凡退でも「強打者、好打者」と誉められる難しい作業だ。夏の短期間に少々結果が出せなかったからと言って、どうということはない。まして、西川選手は「アベレージヒッター」じゃない。彼のような大砲候補は、持てる「最大値」を評価すればよい。

 見た人はご存じだろうが、西川選手はとんでもない打球を飛ばす。たとえるならば球場上空に消えていくメジャーリーガーの弾道だ。しかも、高校では、左中間から左の狭いゾーンしか使っていない。彼のバックスクリーン越えを見たかった。センターから右中間を自分の「ゾーン」にできるようになれば…そこが、5、6年後の本塁打王候補・西川僚祐の「伸びしろ」だ。

【次ページ】 外野手編(隠し玉)広島商業高・寺本聖一(170cm78kg・右投左打)

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
五十幡亮汰
並木秀尊
西川僚祐
寺本聖一

プロ野球の前後の記事

ページトップ