欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

【独占】「マラドーナに怒りを覚えたままの選手もいるけどね」リネカーが語る“神の手”真相 

text by

フィリップ・オクレール

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/10/19 11:00

【独占】「マラドーナに怒りを覚えたままの選手もいるけどね」リネカーが語る“神の手”真相<Number Web> photograph by Getty Images

語り尽くされた感のあるマラドーナの“神の手”だが、相手側の視点としてリネカーが語ってくれた

ロッカールームは怒りの渦だったよ

――なるほど。

L:86年にアステカで準々決勝を戦ったチームメイトの中には、わだかまりが消えなくて、ディエゴ・マラドーナという選手に怒りを覚えたままの仲間もいるけどね。

 自分の中に、そういった感情はない。ただし、アルゼンチン戦後のロッカールームは怒りの渦みたいな空間だったよ。

 ボビー・ロブソン(当時代表監督)は、とにかく納得がいかない様子で、テリー・ブッチャー(CB)も激怒していたし、ピーター・シルトン(GK)も怒っていたな。目の前であんな形でネットを揺らされて、おちょくられた気持ちがあったのかもしれない。ブッチャーとシルトンは今でもディエゴを許せないだろう。僕のような気持ちには絶対になれないんじゃないかと思う。2人とも守備の選手だったわけだし……。

 だけど、自分はそういう立場でも、タイプでもない。第一、その場で(手を使ったところを)目撃してもいないからね。おそらく、あの瞬間の僕は、主審に負けないぐらい視界が遮られている位置にいたんだ。それでもシルトンやブッチャーのリアクションを見て、何かあったことはすぐに理解できた。彼らのジェスチャーから、ハンドの反則があったんだろう、とね。

(後編は関連記事『【独占】「複雑なのさ、天才は」 マラドーナの5人抜きゴールをリネカーはどう見ていた?』からぜひご覧ください)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
ガリー・リネカー
ディエゴ・マラドーナ
リオネル・メッシ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ