Number Web MoreBACK NUMBER

藤井くんや羽生さんの“将棋の時間感覚”とは? 持ち時間で思考法もテンションも変わる 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph bySatoshi Shigeno

posted2020/09/30 15:00

藤井くんや羽生さんの“将棋の時間感覚”とは? 持ち時間で思考法もテンションも変わる<Number Web> photograph by Satoshi Shigeno

TVトーナメントの決勝で対局する藤井聡太七段(右)と佐々木勇気六段

藤井七段が感じた成長面とは。

 藤井七段はフィッシャールールでの対局を体験してこう語っていた。

「すごく短い持ち時間の中においても、感覚が研ぎ澄まされるというか、そういった面では成長できたのかなと思います」

 その一方で野月八段は「長時間の対局中に色々考えることは、その対局自体に大きく影響を及ぼさないかもしれませんが、その後の総合的な棋力、経験値になりますよ」とも話していた。

 つまりルール、持ち時間によって、棋士に残る経験は違った形になるのだろう。

 様々な対局に向かいながら羽生竜王や藤井七段らプロ棋士は駒とともに、時間をも操る。それが盤面での勝負に緊迫感と高揚感を生むのだ。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
藤井聡太
羽生善治
野月浩貴

ゲームの前後の記事

ページトップ