フランス・フットボール通信BACK NUMBER

《小柄な選手世界歴代ベスト10》1位はマラドーナ、2位はメッシ、では3位は…? 

text by

パトリック・ウルビニ

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

PROFILE

photograph byL’Équipe

posted2020/09/28 17:00

《小柄な選手世界歴代ベスト10》1位はマラドーナ、2位はメッシ、では3位は…?<Number Web> photograph by L’Équipe

左からシャビ、マラドーナ、コパ、メッシ。

「ボールを支配する10番」レイモン・コパ

 ミシェル・プラティニとジネディーヌ・ジダンが出現するまで、レイモン・コパ(168cm)がフランスサッカー史上最高の選手だった。ドリブルを得意とするウィングでありゲームメイカーでもあったコパは、本人の言葉によれば1列下がったセンターフォワードであり、チームメイトのミシェル・イダルゴに言わせれば、「ボールを支配する10番」であった。1952年生まれのアラン・ジレス(163cm)はこう語っている。

「彼は僕の子供時代の英雄だった。試合で僕はずっとコパであり続けた」

 コパの系譜はフランスサッカーの系譜でもある。1970年代のリヨンにおけるキエザとディナーロ、80年代のボルドーにおけるジレスとティガナ、ココ・スオドゥーにはじまりブランシェ、アミス、ペドロス、ジアニと続いていくFCナントの伝統、そしてコランタン・マルタンスとともに2冠を達成した1996年のAJオセール……。それはビカシュ・ドラソーやルドヴィック・ジュリ、マチュー・バルブエナ、とりわけフランク・リベリー(170cm)らを経て今日に至っている。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
リオネル・メッシ
レイモン・コパ
オマール・シボリ
アラン・シモンセン
ディエゴ・マラドーナ
シャビ
アンドレス・イニエスタ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ