バレーボールPRESSBACK NUMBER

柳田将洋が4シーズンぶり復帰のサントリーに与える刺激「新人同然なのでハツラツと」

posted2020/09/09 11:40

 
柳田将洋が4シーズンぶり復帰のサントリーに与える刺激「新人同然なのでハツラツと」<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

4季ぶりにサントリーに復帰した柳田。古巣とはいえ、在籍当時に共にプレーしていた選手はたった4人のみだという。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Noriko Yonemushi

「新参者感がありますね。人がかなり変わっているので」

 男子バレーボール日本代表主将の柳田将洋はそう言うが、4シーズンぶりに戻った古巣の体育館は居心地がよさそうだった。

 今年は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や、東京五輪の1年延期という事態の中、昨シーズンまで海外リーグでプレーしていた選手たちは、それぞれに難しい決断を迫られた。

 引き続き海外でプレーすることを選んだ選手もいれば、国内のVリーグを選んだ選手もいる。昨季までドイツやポーランドでプレーした柳田は、4季ぶりに国内のサントリーサンバーズに復帰することを選んだ。

古巣復帰は「2021年」を重視した決断

 それぞれの決断には、その人が今、何にもっとも重きを置いているかが表れている。

 柳田の場合は、「2021年(東京五輪)があるので、そこにベストコンディションで向かえる環境」という点を重視した。

 柳田は、「僕は(休むと)戻すのにものすごく時間がかかる体質」だと自覚している。それだけに、この春の自粛期間には危機感と焦りが募った。

 例年なら、海外のリーグを終えて帰国すると、すぐに代表合宿に合流するため、練習環境に困ることはない。秋に国際大会が終わるとまたすぐに海外のチームに合流し、リーグ戦に出場するというサイクルだった。

 しかし今年は新型コロナウイルスの影響で4月6日に代表合宿が解散になり、その後は自宅でのトレーニングしかできなくなった。国内のチームは徐々に練習を再開したが、海外のチームはいつから活動し、いつ合流できるのかわからなかった。

 結果的には代表合宿が6月下旬から8月中旬まで再開されたが、それも当初は未定だった。海外のチームと契約した場合、国内で十分な練習ができないままリーグ前に渡航して開幕を迎えなければならない可能性もあった。

「自分はバレーから離れると取り戻すのに長い期間が必要なので、今までのシーズンのように、ポンと海外に行って、ポンとプレーできるのかと言われたら……」

 その状況では、思うように活躍できないばかりか、怪我という最悪のケースも考えられる。できるだけ早くバレーボールの練習を再開し、リーグの開幕までに時間をかけて準備できる環境は、柳田にとって重要な要素だった。

【次ページ】 リーグ開幕へ体づくりも着々

1 2 3 4 5 NEXT
柳田将洋
サントリーサンバーズ
大宅真樹
栗山雅史
西田寛基

バレーボールの前後のコラム

ページトップ