オリンピックPRESSBACK NUMBER

タカマツが歩んだ13年と偉大な功績。
“余った”2人が世界で一番になった。

posted2020/08/20 19:00

 
タカマツが歩んだ13年と偉大な功績。“余った”2人が世界で一番になった。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

現役引退を表明した高橋礼華(右)。3月の全英オープンが“タカマツ”のラストマッチとなった。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

「“いいバドミントン人生だったな”と思えるように、最後までしっかりと頑張っていきたいです」

 昨年11月のバドミントンの全日本総合選手権女子ダブルス準決勝で永原和可那、松本麻佑ペアに敗れた後、報道陣から「ここから何を目指して戦っていくのか」と尋ねられると、高橋は声を振り絞りながらこう答えていた。そして、ペアを組む松友美佐紀もまた「最後の最後まで2人で、後悔しないように」と前を向いていた。

“タカマツ”は東京五輪の出場最大2枠をめぐって、世界ランキング日本人上位につけていた福島由紀・廣田彩花ペア、永原・松本ペアを追って、“世界で最も熾烈”と言われる日本の女子ダブルスのオリンピック出場枠をかけた争いに果敢に挑んでいた。

自粛期間で考えた「引き際」。

 しかし、今年3月の全英オープン後に新型コロナウイルス感染の影響でワールドツアーは中断(再開は10月以降の予定)。同月24日には東京五輪の延期が決定した。

「東京オリンピックに出場できてもできなくても、選考レースまではしっかりと戦おうと考えていました。でも、全英オープン後に(ワールドツアーが)中断し、帰国後、東京オリンピックが延期になったとき、あと1年、自分の気持ちと体が持つのかなという気持ちがありました。また、オリンピック選考レースの再開も来年1月となり、自分のなかでも“どうしよう”とすごく悩みました」

 試合はおろか、練習さえもできない約2カ月の自粛期間中は自身と向き合う時間が多かったという。毎日「どうしよう」「いつやめよう」と考えるようになった。その中で次第に高橋礼華は現役引退の決意が固まったと明かす。 

【次ページ】 「気持ちを継続できるか不安でした」

1 2 3 4 NEXT
高橋礼華
松友美佐紀
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ