野ボール横丁BACK NUMBER

3ボールで強振の「出たとこ勝負」。
佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。

posted2020/08/12 19:30

 
3ボールで強振の「出たとこ勝負」。佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

高校の指導者としては初の甲子園となった佐々木誠監督。鹿児島城西での思い切った野球スタイルは、今後も注目を浴びそうだ。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 1回表の攻撃に「佐々木誠野球」が凝縮されていた。

 高校野球交流試合・第3日の第2試合。鹿児島城西の先頭打者、林誠人は身長170センチながら豪快なスイングで、詰まりながらもレフト前にポトリと落とす。

 ノーアウト1塁だが、2番・乗田元気はバントの構えすらしない。身長は林よりさらに小さく168センチ。しかし両手を高々と掲げたフォームが体を大きく見せる。

 監督の佐々木が言う。

「うちはいつもバントはほとんどしないので。するとしても7回以降ぐらい。2打席ぐらい立たせないと、(その打者が)今日、合ってるかどうかわからないじゃないですか。送りバントの定義みたいなものは僕は特に持っていないので」

プロ通算1599安打の男が語ると……。

 ただ、攻撃的なわけではない。ただ、手堅いだけでもない。ダイエー(南海)、西武、阪神と3球団を渡り歩き、通算1599安打を残した元プロの佐々木の言うことは何か違った。

 2番・乗田が空振り三振に倒れたが、3番・板敷政吾は初球を叩き、ショートへ球足の速いゴロ。これを慌てたショートがジャックルし、ワンアウト一、二塁とチャンスが広がった。

 振り切れば、何かが起こる。それを先頭の林に続き、証明した。

 そして、打席に4番・八方悠介が立つ。力強い構えに警戒したのか、相手バッテリーは3球連続ボール。3ボールとなったが、佐々木のサインは「ヒッティング」。

 八方は4球目の置きにきたストレートを芯でとらえ、無観客の球場に快音を響かせる。ところが、打球はセカンドよりに守っていたショートの真正面をつき、ダブルプレー。チャンスは一瞬にして潰えた。

 積極的な打撃が裏目に出る形となったが、佐々木は全く意に介していなかった。

「うちは3ボールからでも、ほとんど打たせます。後悔のないよう、フルスイングしてくれればいい。八方も気持ちのこもったスイングをしてくれていましたから」

【次ページ】 ノックで投手に「瞑想でもしてこい」。

1 2 NEXT
鹿児島城西高校
佐々木誠

高校野球の前後のコラム

ページトップ