野ボール横丁BACK NUMBER

3ボールで強振の「出たとこ勝負」。
佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/08/12 19:30

3ボールで強振の「出たとこ勝負」。佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

高校の指導者としては初の甲子園となった佐々木誠監督。鹿児島城西での思い切った野球スタイルは、今後も注目を浴びそうだ。

ノックで投手に「瞑想でもしてこい」。

 鹿児島城西は練習前のシートノックのときから、異色だった。

 ノック時間がスタートし、選手がグランドに散る。いつもの景色と何かが違う――。マウンドに2人の投手が立っていたのだ。

 通常、ノックの時は、ピッチャーはブルペンで投球練習をしているものだ。佐々木がその意図を説明する。

「今年は甲子園練習もなかったので、マウンドからどんな風に見えるかもわからないじゃないですか。だからマウンドへ行って、しばらく瞑想でもしてこい、って」

「出たとこ勝負」のノーデータ野球。

 しかし、もっとも驚かされたのは、時代と逆行するような「ノーデータ野球」だったことだ。相手チームの印象を聞かれると、佐々木はこう答えた。

「まったくデータを取っていなかったので、どんなピッチャーかも、どんなチームかも、全然わからなかった。出たとこ勝負でした。鹿児島の代替大会もそうでした。普段の大会はちゃんと調べるんですけどね。でも、今年は(コロナの影響で)練習もちゃんとできていなかったので、データを取ることに力を注ぐくらいなら、そのぶんみんなでちゃんと練習をしようということにしたんです」

 就任からわずか2年半で甲子園に立った。阪神時代、慣れ親しんだ球場でもある。

「アマチュアになって戻ってくると新鮮ですね。球場に一歩入った時にはゾクゾクっとしました」

 この試合は1-3で惜しくも敗れた。しかし、佐々木の高校野球はまだ始まったばかりだ。これからどんな野球を見せてくれるのか。それを考えると、こちらも「ゾクゾク」してくる。

甲子園 一敗の輝き~真夏の号泣伝説1980-2020~

関連記事

BACK 1 2
鹿児島城西高校
佐々木誠

高校野球の前後の記事

ページトップ