競馬PRESSBACK NUMBER

難解重賞函館記念は今年も多士済々。
3頭出しの藤沢厩舎への対抗馬は?

posted2020/07/17 18:00

 
難解重賞函館記念は今年も多士済々。3頭出しの藤沢厩舎への対抗馬は?<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

昨年のエプソムC(GIII)以来の勝利を目指すレイエンダ。鞍上はC・ルメールで臨む。(写真は19年マイルCS)

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 今週末の19日、函館競馬場では函館記念(GIII、芝2000メートル)が行われる。ハンデ戦ということもあり、毎年難解な一戦だが、今年も例に漏れず。登録馬を見渡すとどの馬にもチャンスがありそうだ。

57キロのハンデを背負って好勝負を。

 伯楽、藤沢和雄調教師は3頭をエントリーしてきた。大将格はレイエンダ(牡5歳)か。ダービー馬レイデオロの全弟という事でデビュー前から注目されていて、新馬戦から鮮やかな競馬ぶりで3連勝すると、より脚光を浴びるようになった。しかし4戦目のセントライト記念(GII)で2着に敗れたのが、GIを2勝した兄との分かれ道となった。以降はGIIIやオープン特別でも勝てない競馬が続いた。

 しかしそこはさすが名調教師である。昨年のエプソムC(GIII)で復活の勝利を飾ると富士S(GIII)でも2着。今春もダービー卿CT(GIII)を3着。重賞クラスの馬であることを証明してみせた。

 今回は2000メートルという距離がキーになりそうだが、先述した通り2200メートルのセントライト記念でも2着に好走している。また、条件戦とはいえ、同じ舞台である函館競馬場の芝2000メートルで勝ち鞍のある馬なので、必要以上に不安視することはないだろう。有力馬の1頭であることは間違いなさそうだ。

 ちなみにハンデは最も重い57キロを背負わされた。ここ10年でトップハンデは1勝、2着2回と苦戦する傾向にはあるが、ダービー馬の弟と騒がれたデビュー当初の勢いを取り戻して好勝負をしてほしいものだ。

 また、このレイエンダがいるにもかかわらず藤沢調教師が送り込むのがランフォザローゼスとレッドサイオン。それぞれ武豊騎手と岩田康誠騎手という名手を配してきた。それぞれ一発を期待したい。

【次ページ】巴賞と函館記念の連覇は?

1 2 NEXT
レイエンダ
トーラスジェミニ
カウディーリョ
藤沢和雄

競馬の前後のコラム

ページトップ