話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

鈴木武蔵の不在を札幌はどう凌ぐか。
代役は金子? 2トップの可能性も。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/15 19:00

鈴木武蔵の不在を札幌はどう凌ぐか。代役は金子? 2トップの可能性も。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

鈴木武蔵の不在は札幌にとって大きなダメージだが、良い状態を保って帰還を待つことができるか。

得点源は不在でもチーム状態は良好。

 得点源が不在になり、攻撃陣の組み合わせは今、再構築中だが、幸いなことにチーム状態は良好だ。チーム力は確実に上がっている。

 何よりも簡単に負けなくなった。

 鹿島戦は、1点取った後、猛攻にさらされ、昨年なら同点あるいはひっくり返されておかしくない展開だった。だが、守備で粘りに粘って最後に突き離し、完封勝利を得た。

 湘南戦も後半、相手の攻撃に圧倒される中、昨年までなら持ち堪えられずに失点していただろう。そのままズルズルといかず、我慢して無失点に抑え、勝ち点1を奪った。

 戦い方にしぶとさが見えるようになり、アウェイ3戦で、2勝1分けとしっかりと結果も出している。

ペトロヴィッチの確信。

 ペトロヴィッチ監督は、チームに手応えを感じている。

「以前は、こういう戦いで負けてしまうことがあった。今は、こういうゲームをしっかりと引き分けにもっていける。それがチームの成長の証だと思っている」

 今後、「戦術武蔵」の代案として、得点パターンをどう作り上げていくのか。

 次の仙台戦は、ホームに帰る前の最後の試合。その課題を克服し、無傷でホームに帰ることができれば、理想的なスタートダッシュが実現することになる。

関連記事

BACK 1 2 3
鈴木武蔵
ミハイロ・ペトロヴィッチ
北海道コンサドーレ札幌
金子拓郎

Jリーグの前後の記事

ページトップ