Number NewsBACK NUMBER

千賀滉大、復帰戦で自己最速161キロ&今季初勝利!
柳田悠岐&栗原陵矢がホームランでエースを援護。 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/07/07 21:00

千賀滉大、復帰戦で自己最速161キロ&今季初勝利!柳田悠岐&栗原陵矢がホームランでエースを援護。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

復帰戦で今季初勝利を挙げたソフトバンク千賀滉大[2019年撮影]

<7月7日 パ・リーグ>
ソフトバンク 4-3 楽天

楽  2 0 1 0 0 0 0 0 0 : 3
ソ  2 1 0 0 1 0 0 0 × : 4

 勝:千賀滉大 1勝

 S:森唯斗 1敗3S

 負:弓削隼人 2勝1敗

 ソフトバンクは、この日一軍登録された千賀滉大が先発。初回から自己最速タイとなる161キロを記録したが、その後は楽天5番・島内宏明にタイムリーツーベースを浴びて2点を奪われる不安定な立ち上がりとなった。エースを援護したいソフトバンクはその裏、今季2勝の楽天先発・弓削隼人から柳田悠岐の2ランですぐさま同点に追いつくと、2回裏には栗原陵矢の今季3号となるソロホームランですぐさま逆転に成功した。

 千賀はその後、3回に浅村栄斗のホームランで一時同点にされるも、粘りのピッチングで5回を投げ抜き、3失点、被安打4、6奪三振。まだ本調子とは言えず、課題を残すピッチングとなったが、柳田のタイムリーにも助けられ、勝利投手の権利を得て降板した。

 ソフトバンクは高橋礼、モイネロの中継ぎ陣が楽天打線を0封。最後は守護神・森唯斗が締めて、復帰戦となった千賀へ白星を送った。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ