Jをめぐる冒険BACK NUMBER

FC東京と東慶悟、改めて意志共有。
「今年は絶対トップを獲ろうぜ」

posted2020/07/08 07:00

 
FC東京と東慶悟、改めて意志共有。「今年は絶対トップを獲ろうぜ」<Number Web> photograph by Atsushi Iio

3月、そしてJ再開タイミングの2回にわたって取材に応じてくれた東慶悟。その姿勢にFC東京を世に発信しようとの主将の思いがひしひしと伝わる。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Atsushi Iio

FC東京はJ1再開となった4日の柏レイソル戦で勝利し、第1節清水エスパルス戦に続いて敵地で勝ち点3を確保した。新型コロナウイルス禍による特殊な環境下のシーズンにあって、昨シーズン2位から“もう1つ上”を目指すためにどう戦おうとしているのか。8日に川崎フロンターレとの「多摩川クラシコ」が控える中、キャプテンの東慶悟に今季への決意を聞いた。

――7月4日のリーグ再開初戦となったアウェーの柏レイソル戦に1-0で勝利し、次は久しぶりの味の素スタジアムでの試合になります。対戦相手は川崎フロンターレ、多摩川クラシコですね。

「多摩川クラシコはいつも、両チームのファン・サポーターの方々が素晴らしい雰囲気を作ってくれるので、リモートマッチになるのが残念ですけれど、熱い試合になると思います。川崎は近年、王者の風格を感じますし、活きのいい大卒ルーキーが加わって戦力がアップしたと聞きましたが、しっかり勝って勢いに乗りたいですね」

――川崎は3年連続でタイトルを獲得して、雰囲気が出てきたと感じますか?

「感じますね。特に昨年の味スタでの試合(19節/0-3)はすごく感じました。僕らのホームゲームでしたけど、川崎がかなりガンガン来て、後手を踏んでしまった。彼らは首位の僕らを食ってやるという気持ちがすごく出ていたし、差を感じました。その差が何かっていうと、タイトルを獲ったことで身についた自信だと思うんです。だから、僕らもタイトルを獲らないといけない」

中断期間に味わった“引退後”の心境。

――ようやくJリーグが再開しましたが、改めて4カ月間の中断期間は、東選手にとってどんな時間でした?

「小学1年生から29歳までずっとボールを蹴ってきたので、サッカーができないというのは、思っていた以上のストレスでしたね。自宅でトレーニングをしたり、マスクをつけて外を走ったりしましたけれど、充実感は得られなかった。だから、久しぶりに小平でみんなとボールを蹴ったときは感慨深かったです。サッカー選手はサッカーをしてこそ存在価値があると。それを改めて感じさせてもらえましたね。

 あと、STAY HOME期間に家にいるときに思ったのは、『現役を引退したら、こんな感じなのかな』って。張り合いがないというか。引退した方々からよく『現役が一番いいよ』っていう話を聞いたりするんですけれど、こういうことなのかと」

――現役中に、引退後の心境を味わえた?

「そうですね(笑)。だから、身体が動くうちは、少しでも長く現役を続けたいなって改めて思いました」

【次ページ】 妻へ改めて感謝とリスペクト。

1 2 3 4 NEXT
FC東京
東慶悟

Jリーグの前後のコラム

ページトップ