SCORE CARDBACK NUMBER

ついに新日本も試合再開!
3カ月遅れのNJCを制するのは?

posted2020/07/02 15:00

 
ついに新日本も試合再開!3カ月遅れのNJCを制するのは?<Number Web> photograph by Getty Images

ニュージャパンカップ1回戦ではオカダが外道に勝利。一方、棚橋弘至、鷹木信悟が敗れるという波乱も起きた。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

「プロレスしようぜ!」

 5月25日の緊急事態宣言解除を受けて、各団体がこぞって試合再開のゴングを打ち鳴らした。

 DDTは6月14日から有観客興行を再開し、ドラゴンゲートは7月4日の京都・KBSホール大会から通常興行を再開すると発表した。

 6月13日、11年前に亡くなった設立者・三沢光晴さんの命日を迎えたプロレスリング・ノアは、翌日に特設アリーナでメモリアルマッチを行っている。三沢さんの直弟子にあたるGHCヘビー級王者・潮崎豪がベテラン齋藤彰俊(三沢さんの最後の対戦者)を29分22秒で下し、2度目の防衛を飾った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

新日本プロレス
DDT
プロレスリング・ノア
オカダ・カズチカ

プロレスの前後のコラム

ページトップ