Number ExBACK NUMBER

アントニオ猪木×オカダ・カズチカ。
歴史的初対談で伝授されたもの。

posted2020/07/02 17:00

 
アントニオ猪木×オカダ・カズチカ。歴史的初対談で伝授されたもの。<Number Web> photograph by Tetsuo Kashiwada

アントニオ猪木とオカダ・カズチカ、2人並んでの迫力のビジュアルは誌面でふんだんに掲載している。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Tetsuo Kashiwada

「元気ですかーーーッ!!」

 6月の都内某所、取材場所に厳かに現れた“燃える闘魂”は、待ち構える“レインメーカー”と我々取材陣を前に、そう第一声を発したのだった――。

 60分一本勝負のトークバトルのゴングは、予想外の先制“口”撃により高らかに鳴ったのである。

2人の邂逅には大きな伏線があった。

 プロレス界の最強レジェンドであるアントニオ猪木と、現役トップレスラーであるオカダ・カズチカ。2人の歴史的対談が、最新号のNumberプロレス特集誌上で実現した。

 今回の特集のテーマは「ベストバウト」である。

 新旧のプロレスの名勝負を生み出してきた、世代を超えた2人による初対談。この2人の邂逅には大きな伏線があった。

 今年2月2日の新日本プロレス札幌大会、試合後のリングでオカダは、マイクパフォーマンスの最後に突如、「僕が今、気になっている人のことを言わせて下さい……」と切り出すと、続けてこう叫んだ。

「アントニオ猪木ーーーッッ!!」

 騒然とする場内。その後、この「猪木発言」の真意は語られることなく、新型コロナウイルスの影響による試合の中断を迎えてしまっていた。

「あの後、色んなところで、(オカダの発言について)どう思いますか?」って聞かれて、こっちは超迷惑だったんだよ(笑)」

 と言う猪木に、オカダは発言の真意を「猪木さんにお会いしたい、という思いがあった」からだと、対談中で語っている。

【次ページ】 「気がついたら、猪木さんの顔ばかり見ていた」

1 2 NEXT
アントニオ猪木
オカダ・カズチカ

プロレスの前後のコラム

ページトップ