バレーボールPRESSBACK NUMBER

新鍋理沙「自分が納得できる道を」。
厳しさを貫いた11年のバレー人生。

posted2020/07/01 11:00

 
新鍋理沙「自分が納得できる道を」。厳しさを貫いた11年のバレー人生。<Number Web> photograph by SAGA Hisamitsu springs

引退会見の終盤には涙声でファンへ感謝の言葉を述べた新鍋理沙。代表でも久光製薬でも攻守の両面でチームに欠かせない存在だった。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

SAGA Hisamitsu springs

 女子バレー日本代表の新鍋理沙が6月20日、久光製薬スプリングスのホームページ上で突然の引退を発表した。

 今季も日本代表に選出されており、今夏開催予定だった東京五輪へ向けた合宿にも参加していた。幾度となく、「東京五輪を集大成に」という言葉は聞いて来た。今なお現役選手の中で新鍋ほど、サーブレシーブの技術に長けた選手はいないとわかっていても、おそらく、この夏を終えればユニフォームを脱ぐのだろうと予想はできた。

 ただ、まさかそれが、今になるとは。

 まだまだ日本代表の主戦力であるはずの新鍋が、なぜ今、引退を決断したのか。6月29日、オンラインでの記者会見に臨んだ新鍋が、その理由を明かす。

「ケガと向き合いながら選手生活を続けてきましたが、手術、リハビリを継続して行っていく中、1年後に自分が納得する姿を想像することができなかった。納得できないプレーでコートに立つのは、自分自身が納得できない。潔く身を引く決断をしました」

 何度も繰り返す「納得できない」の言葉に、おぼろげながら、突然の引退も腑に落ちる気がした。

なぜバックアタックを打たないのか。

 新鍋にとって2011年以来、2度目の出場なった昨秋のワールドカップ。スピードと精度の高いコンビバレーを掲げ、メダル獲得を目指すも結果は5位。'18年の世界選手権では決まった新鍋の前衛からの攻撃もブロックに仕留められ、ブロックを抜いてもレシーバーに難なく上げられる。個人のパフォーマンスだけでなく、前半はチームとしても黒星が先行する厳しい展開を強いられた。

 それでも何とか尻上がりに調子を上げ、後半の大阪3連戦は3連勝を飾った。ただ内容に目を向ければ大会を通して露わになった課題が克服されたわけではなかった。

 高さで勝る相手に対し、攻撃の速さではなく同時に仕掛ける枚数を増やすことで対応すべきではないか。特に新鍋が後衛時のローテーションで連続失点を喫する場面も多くあったことから、なぜバックアタックを打たないのか。なぜ助走に入らないのか。そう問われると「攻撃も大事だけれど、その分フォローも大事」と答えた後、新鍋は言った。

「バックアタックが大事なのはわかります。でも、中途半端にバックアタックをするぐらいなら、確実に点が取れる攻撃へ持って行くほうがいいと思うんです。自信がない、中途半端なプレーをしても、納得できないじゃないですか」

【次ページ】 新鍋が貫いたストイックな姿勢。

1 2 3 NEXT
新鍋理沙
久光製薬スプリングス

バレーボールの前後のコラム

ページトップ