沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

道悪のクロノジェネシスは最強だ。
宝塚記念を制し、牝馬の時代を宣言。

posted2020/06/29 11:40

 
道悪のクロノジェネシスは最強だ。宝塚記念を制し、牝馬の時代を宣言。<Number Web> photograph by Kyodo News

ラスト3ハロンは、2番目に速いキセキと0.9秒差。直線を向いた時点でほぼ先頭の位置取りからその脚を繰り出されては他馬はどうしようもなかった。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 まさに「牝馬の時代」を象徴するグランプリとなった。

 上半期の競馬を締めくくる第61回宝塚記念(6月28日、阪神芝内回り2200m、3歳以上GI)には、レース史上最多の8頭のGIホースが集結。このドリームレースを、北村友一が騎乗したクロノジェネシス(牝4歳、父バゴ、栗東・斉藤崇史厩舎)が、レース史上最大の6馬身差で圧勝。昨年の秋華賞につづくGI2勝目を挙げた。

 いったんは良馬場に回復した阪神の芝コースは、直前の雨でまた稍重になった。

 そんななかクロノジェネシスは、ゲートからゴールまで、完璧な立ち回りを見せた。

 速いスタートを切って、外目の16番枠から出たなりに進み、スムーズに好位勢の後ろにつけて1コーナーに入った。

「馬場とか周りの馬のことは気にせず、自分の馬だけを信じて乗ればいいと思っていました。スタートが決まったことが大きかったです。折り合える位置でリズムよく運ぶことができ、終始手応えよく回ってこられました」と北村。

「馬が強くて自然に上がっていった」

 向正面に入っても先頭から6、7馬身離れた7、8番手で折り合っている。

 3コーナーで、斜め後ろから武豊のキセキが進出してくると、それに馬体を併せられる前に自らも動き出した。

「ゴーサインを出したというより、馬が強くて、自然に上がっていった感じでした。この手応えで、この直線なら絶対に伸びてくれると思っていました」

 北村がそう話したように、余裕たっぷりの手応えで外から先行馬に並びかけ、直線へ。

 クロノジェネシスの内で馬体を併せていた、先輩牝馬のラッキーライラックが、一瞬先頭に立った。しかし、ラッキーライラックが激しく追われていたのに対し、クロノジェネシスはほぼ持ったままだった。

【次ページ】 道悪では4戦4勝、すべて圧勝。

1 2 3 NEXT
クロノジェネシス
北村友一

競馬の前後のコラム

ページトップ