プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

あのとき猪木の舌は出ていなかった。
大どんでん返しのIWGP決勝戦秘話。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2020/06/28 11:00

あのとき猪木の舌は出ていなかった。大どんでん返しのIWGP決勝戦秘話。<Number Web> photograph by Essei Hara

IWGPリーグ優勝決定戦。リング上で昏倒するアントニオ猪木。セコンド陣が必死に目を覚まそうとしていた。

事件から1カ月後。猪木と会って話した……。

「事件」から1カ月後、猪木に会って話をした。

 猪木は思ったより元気だった。猪木は話の流れの中で「ケガをしたとき」という言い方をした。明け方まで話を続けたが、本人が試合そのものについて語ることはなかった。

 猪木が、多くのファンが願った通りに優勝していたら、それ以降は違う世界が開けていたのかもしれない。だが、それはかなわなかった。見方を変えれば、かなわなかったことによって、猪木の引退、そして野望はさらに先に延びることになったのかもしれない。

 この優勝戦がもし、当初の壮大な計画のようにニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われていたとしたら……違う結果が出ていたような気がしてならない。

 猪木のKO負けというインパクトと謎を残したまま、IWGPは翌年も開催されることになった。

 だが、さらに成長したホーガンが猪木の前に立ちふさがることになる。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
アントニオ猪木
アンドレ・ザ・ジャイアント
ハルク・ホーガン
ビッグ・ジョン・スタッド
オットー・ワンツ
エル・カネック
エンリケ・ベラ
キラー・カーン
前田日明
ビンス・マクマホン・シニア
フランク・タニー
カルロス・マイネス
ラッシャー木村
坂口征二
木村健悟
星野勘太郎
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ