猛牛のささやきBACK NUMBER

チームに安心感を与えるショート。
オリックス安達了一に芽生えた欲。

posted2020/06/26 11:00

 
チームに安心感を与えるショート。オリックス安達了一に芽生えた欲。<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

プロ9年目を迎えた安達了一。球界トップクラスの守備力には西村監督も信頼を置く。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Noriko Yonemushi

 6月19日、本拠地・京セラドーム大阪で約3カ月遅れの開幕を迎えたオリックスは、楽天に1-9で敗れ、10年ぶりの開幕戦勝利は果たせなかった。

 開幕投手を務めた山岡泰輔は、コントロールよくストレートと変化球を投げわけてピンチをしのぎ、7回1失点と試合を作ったが、打線が援護できず、継投に入った8回に楽天の猛攻を浴びた。

 そんな敗戦の中でも光ったのは、野球ができる喜びを全身で表わすような、遊撃手・安達了一の軽やかでキレのある守備だった。センター前に抜けそうな当たりも、安達が難なくさばいて併殺を奪いピンチを救った。

 開幕戦は、アダム・ジョーンズが守るライトと、ショートへの打球が多かったが、ライトに打球が飛んだ時の不安感とは対照的に、ショートに飛んだ時の安心感は絶大だった。

「自分に求められているのはやっぱり守備。そこはちゃんとやらないとダメだと思っているので、その点はよかったかなと思います。去年は入りがよくなくて、本当に悔しかったし、恥ずかしかった。もうあんなふうになりたくないと思ってやってきたので、その分、今年は守備ではいいスタートは切れたかなと思います」

「やっぱり1年間、一軍に」

 昨年の開幕時、安達は精彩を欠いていた。らしくない失策をしたり、普段なら届くはずの打球に追いつけず、安打になった。本人は言い訳しないが、開幕前日の練習中に、目の付近にボールが当たるアクシデントがあり、それが視野に影響を及ぼし、体の反応も遅らせていた。

 開幕から出場した3試合すべてで失策を記録し、打撃も0安打と調子を取り戻せないまま、4月4日に登録抹消となった。再び一軍に登録されたのは、2カ月以上経った6月14日。後半戦は本来の安定したプレーを見せたが、わずか56試合の出場に終わった。

「やっぱり1年間、一軍にいなくちゃダメだ」

 その思いを強くして、今年は万全の状態で開幕を迎えた。

【次ページ】 「病気をして、考え方が変わった」

1 2 3 NEXT
オリックス・バファローズ
安達了一
西村徳文

プロ野球の前後のコラム

ページトップ