オリンピックPRESSBACK NUMBER

「馬が人を育てる」ということ。
桜望と1人の大学生が築いた絆。

posted2020/06/20 19:00

 
「馬が人を育てる」ということ。桜望と1人の大学生が築いた絆。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi

昨年1月からコンビを組む名倉賢人(日本大学馬術部・4年)と桜望。旧馬名はジャストチョコレート。

text by

中西祐介

中西祐介Yusuke Nakanishi

PROFILE

photograph by

Yusuke Nakanishi

 オリンピック種目の中で唯一動物とともに参加する馬術競技。
 
 多くの人馬を取材しているとライダーの口からよく聞かれる言葉がある。それは「馬に教えられた」、「馬は先生」というものだ。

 馬術競技で最も大事なことは人馬の信頼関係だと言われる。一度コンビを組むと何年もかけて同じ時間を過ごしながら意思疎通を図る。

「桜望」と出会った大学生。

 昨年、神奈川県藤沢市にある日本大学馬術部厩舎を訪ねた。この馬術部は全日本学生馬術三大大会で9連覇中の強豪だ。

 その中に「桜望(おうぼう)」という馬がいる。この馬は2016年のリオデジャネイロオリンピックの総合馬術競技で北島隆三と出場した「ジャストチョコレート」だ。

 私はリオオリンピックでジャストチョコレートを撮影している。クロスカントリー競技のとんでもない大きな障害物をダイナミックに飛越して駆け抜けていた。とても勇気があるいい馬だなと思ったのを昨日のことのように思い出す。

 大学の馬術部にはオリンピックや世界選手権に出場した馬や元競走馬などが過ごしていることが多い。これから上を目指していく学生にとっては自分よりも遥かに大きな舞台を踏んでいる馬との出会いはターニングポイントになることがある。

 ジャストチョコレートがこの場所に来たのは2019年1月。日本大学馬術部では全ての馬の名前に桜が付けられることから「桜望」として新たな生活をスタートさせた。

 入厩したその日に監督から騎乗を命じられたのは当時2年生だった名倉賢人だ。

【次ページ】 馬は人の気持ちをよく理解する。

1 2 3 NEXT
名倉賢人
日本大学
桜望
ジャストチョコレート
北島隆三
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ