野球クロスロードBACK NUMBER

球数ではない、メカニズムこそ重要。
則本、松井も頼る楽天トレーナー。

posted2020/06/19 07:30

 
球数ではない、メカニズムこそ重要。則本、松井も頼る楽天トレーナー。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

楽天でコンディショニングを担当する星洋介トレーナーは40歳。仙台育英で軟式野球を経験後、筑波大大学院でスポーツ医学を学んだ。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

 3カ月も待たされたが、6月19日にようやく2020年のプロ野球が開幕する。

 楽天イーグルスの“彼”はきっと「また忙しくなるなぁ」と苦笑いを作りつつ、心と体はウズウズしているはずだ。

 今年も星洋介の怒涛のシーズンが始まろうとしている。

 楽天での立場はコンディショニンググループのマネージャー。選手たちのコンディションを管理する仕事である。

 主に投手を担当する星の大きな役割は、ピッチャー陣の「メカニック」の構築と調整だ。

 メカニックとは、投手が投球モーションに入ってからボールをリリースするまでの動きの総称。

 その投手にとって、足首や膝、股関節、肩甲骨、肩、肘、手首などの各部位ひとつひとつが正常に動いているか、そうするためにどこを鍛えなければならないのかを、星は常に管理している。もっとわかりやすく言えば、機械式時計のムーブメントをメンテナンスする時計職人のような仕事だ。

 投手たちのメカニックを安定させるために、体の状態をチェックし、的確なトレーニングメニューを組む。故障を防止するためにストレッチなどのケアも行い、時には栄養指導をすることだってある。それらを円滑に進めるためには、彼らの声を聞き、精神の安定を促すことも大事となる。

 星はそれを理解しているからこそ、「何でも屋」を受け入れる。

デーゲームなら起床は5時半。

 彼の1日は長い。

 ホームでのデーゲームならば、起床は早朝5時半。選手が来る前にトレーナールームを開放し、ケアの準備を整える。そして前日に登板した投手を中心に肩と肘の状態をチェックし、「今日も安全に登板できるか否か?」を判断する。

 全体練習に入ると、ランニングなどのメニューを指示する傍ら選手の動きに目を凝らし、気になった選手にアドバイスを送る。試合が始まればトレーニングルームで登板の準備を進める投手のサポートをし、試合が終わると彼らのケアが待っている。球場を出るのは、決まって選手が帰った後になる。

【次ページ】 投げた翌日のケアは楽天だけ?

1 2 3 4 5 6 NEXT
星洋介
東北楽天ゴールデンイーグルス
釜田佳直
松井裕樹
立花龍司
則本昂大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ