猛牛のささやきBACK NUMBER

尊敬しあう山岡泰輔と山本由伸。
ダブルエースがオリックスを救う!

posted2020/06/17 07:00

 
尊敬しあう山岡泰輔と山本由伸。ダブルエースがオリックスを救う!<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

2019年、山岡(右)が最高勝率(13勝4敗)、山本が最優秀防御率(1.95)に輝いた。写真は2019年当時

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Noriko Yonemushi

 6月19日に開幕が決まったプロ野球。野球ファンには待ちに待った日になりましたが……では、その間にチームはどのように変わったのでしょう? Number Web上でプロ野球コラムを綴る手練の書き手たちが、開幕で注目して欲しい見どころをピックアップ! 今回は頼もしい若手選手が揃うオリックス・バファローズです。

  2020年のプロ野球が、ようやく幕を開ける。

 オリックスの開幕の注目ポイントといえば、やはり山岡泰輔、山本由伸のダブルエースだろう。

 オリックスファンにとっては当たり前で何のひねりもない人選だと思うが、幅広く、すべての野球ファンに注目していただきたいということで、この2人を挙げさせていただいた。

 山岡は24歳、山本は21歳といずれも若いが、昨年もローテーションの2本柱となり、揃ってタイトルを獲得した。山岡が最高勝率(13勝4敗)、山本が最優秀防御率(1.95)に輝き、侍ジャパンにも選出されプレミア12ではリリーフとして活躍した。

歳でなく技術で認められる成績を。

 今年はともにプロ4年目。背番号が山岡は「13」から「19」に、山本は「43」から「18」に変わり、長くチームの顔として支えて欲しいという球団の願いを感じる。

 山本は、その4年目の意味についてこう語る。

「1年目に一軍で投げさせてもらった時は、『高卒ルーキーが』みたいな感じで取り上げてもらって、2年目は『19歳のセットアッパー』みたいな名前がついて、3年目も『ハタチで』みたいなのがあったと思うんですけど、今年は21歳で、8月には22歳になる。若手とか、そういうのは関係ない歳に徐々に近づいていくので、しっかり技術で認めてもらえるような、圧倒的な成績を残せたらなと思います」

 1.95という防御率や、プレミア12で勝利の方程式の8回を任されたことからもわかるように、昨年も年齢に関係なく圧倒的だったのだが、どうしても「この年齢でこんなボールを投げられる」とか、「球団最年少21歳での最優秀防御率」など、年齢に括られることが多かった。その「若手」という枠から完全に解放されるほどの働きを目指す。

【次ページ】ツイッターはほっこり。野球では。

1 2 3 4 NEXT
山岡泰輔
山本由伸
田嶋大樹
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ