サムライブルーの原材料BACK NUMBER

マリノスにベルギーから出戻って。
天野純「死ぬまで絶対に忘れない」

posted2020/06/17 08:00

 
マリノスにベルギーから出戻って。天野純「死ぬまで絶対に忘れない」<Number Web> photograph by Yokohama F-Marinos

決意も新たにマリノスに戻ってきた天野。「プレーで見せていくしかない。活躍していくしかない」と語る。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Yokohama F-Marinos

 その海外挑戦は成功なのか、失敗なのか――。

 活躍できなかったり、試合に出られなかったり、挑戦の旅が長く続かなかったり。ならば失敗なのか。いや、答えはノーだ。「違う」という意味ではなく「まだ失敗と決めつけることはできない」からだ。

 海外で活躍できなくとも、試合に出られなくとも、挑戦の旅が続かなくとも。キャリアのなかで「あの経験が自分に大きかった」と飛躍の起点にしてしまえばいい。

 失敗は成功のもと。もとい、失敗にしないための意地の成功。

 その気持ちを強く持たなくして、失敗につながりかねないドットを成功に結びつけるラインに転換させることはきっとできない。

 J1再開に向けて、気持ちを高ぶらせている男がいる。ベルギー2部ロケレンに渡ってわずか9カ月で帰国しなければならなかった横浜F・マリノスの天野純である。

背番号は「10」からサンキューへ。

 コロナ禍によってリーグが打ち切りになり、クラブは裁判所から破産宣告を受けてライセンスも取り消された。天野は欧州内移籍を模索したものの、先行きの見通しが立たない状況から進まなかった。

 アンジェ・ポステコグルー監督とも話し合いの場を持った。

「ジュンが欧州で上を目指したいという気持ちは理解できる。そこから切り替えて、再び日本で戦えるのか。俺はそこを心配している。切り替えられるなら大歓迎だ」

 天野は強い口調で言った。

「切り替えます」

 5月下旬、レンタルバックが正式に発表された。背番号は昨シーズンの「10」ではなく、チームへの感謝の意味も含めて「39」。サンキューという響きは軽く聞こえるかもしれないが、彼が抱えている思いはあまりにも重い。

【次ページ】 欧州に行くには遅すぎるかもしれないが……。

1 2 3 4 5 NEXT
天野純
アンジェ・ポステコグルー
横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ