格闘技PRESSBACK NUMBER

三沢光晴さんへの思いを込めて――。
ノア齋藤彰俊が放つバックドロップ。 

text by

塩畑大輔

塩畑大輔Daisuke Shiohata

PROFILE

photograph byPRO-WRESTLING NOAH

posted2020/06/15 19:50

三沢光晴さんへの思いを込めて――。ノア齋藤彰俊が放つバックドロップ。<Number Web> photograph by PRO-WRESTLING NOAH

GHCヘビー級選手権をかけて潮崎豪(左)と戦った齋藤彰俊。今も三沢光晴さんへの思いを胸にリングに上がる。

今までよりも「一歩」踏み込んで。

 あの日の事故も、木村さんへの誹謗中傷も「決してあってはならないこと」だ。取り返すことも、埋め合わせることもできない。

 ただ、だからこそ前に進まないといけない。誹謗中傷に苦しむ人を少しでも減らす。

 そのために、齋藤は発言をする。今までよりも「一歩」踏み込んで語る。無観客での試合が続く状況についてもしかりだ。

 カメラレンズの向こうに、確実にファンはいる。ネット中継を通して「今までよりも試合を近くで見てもらえる」とプラスにとらえ、新しい一歩を踏み出す。

 試合内容に対する反応を確かめながら戦えない部分も、補いようはある。

 試合に対する思いを、事前、事後に説明していくことで、あらかじめ反応が高まるようにしていけばよい。

 潮崎との試合終盤を、事細かく話したのは、まさにそういう意図だった。

 これができれば、会場に観客を招けるようになった時に、コロナ以前よりもさらに盛り上がるはず。そんな思いもある。

 そして、三沢さんのために、自分ができること。

 それはやはり「遺言」に従い、事故を糧に前に進むことだ。

 自分の立場だからこそ発信できるメッセージ。今回のタイトルマッチはまさにそうだった。リングの外でも動く。自動車事故などで、不運にも「加害者」になってしまった人の心の支えになることはできないか――。「自分なりの次の一歩」を模索している。

「いつか天に召されて、向こうで三沢さんに再会した時に、恥ずかしくないように」

 齋藤彰俊は、前に進む。

 まなざしを上げ、胸を張って。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
齋藤彰俊
潮崎豪
プロレスリング・ノア
三沢光晴
木村花

プロレスの前後の記事

ページトップ