Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<智将の最強メソッド>
風間八宏が考えるJの頂点。

posted2020/06/14 09:00

 
<智将の最強メソッド>風間八宏が考えるJの頂点。<Number Web> photograph by Keiichiro Natsume

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Keiichiro Natsume

個々の技術を磨き、組織にスタイルを植え付け、後に連覇を果たす川崎Fの土台を作った風間八宏。異才が熟考の末に挙げたJの頂点は浦和だった。最強チームの作り方にも通じるその理由とは。(Number1004号掲載)

風間八宏's Best
浦和レッズ 2006

 風間八宏と言えば、「止める・蹴る」の技術にこだわり、手品のようなパス回しで幻惑する、いわゆる“ポゼッションサッカー”の印象が強いだろう。

 だが、風間が“Jリーグ歴代最強”に選んだのは、その真逆のスタイルだった。ギド・ブッフバルトがワシントン、ポンテ、闘莉王、三都主、鈴木啓太、長谷部誠、小野伸二ら個性派集団をまとめあげた、2006年の浦和レッズである。

「サッカーはルールがどんどん変わっていて、“フィールドの大きさ”(選手の距離感)も狭まっている。だから昔強かったと思うチームを見直してもゆっくりにしか見えない。それを踏まえて最強を選ぶなら2006年の浦和レッズだと思います」

 なぜ浦和が最強なのか? キーワードは「威圧感」と「選手層」にある。

「前線・サイド・最終ラインすべてに速い選手がいて、中盤にはうまくて戦える選手がいた。高さもある。1人ひとりの威圧感がすごかった。さらに選手層が厚かった。中盤で誰かが疲れたら小野伸二が入ってくる。相馬崇人、田中達也、永井雄一郎もいた。2チームが作れる戦力ですよ。マンチェスター・ユナイテッドやバイエルンのようなビッグクラブになる要素を持っていた。近年のJリーグに、ここまで選手層が厚いクラブはないでしょう」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3046文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

風間八宏
長谷部誠
三好康児
板倉滉
久保竜彦
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ