沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

コントレイルは偉大な父を超える?
ダービーでGI3勝目、まだ成長途上。

posted2020/06/01 12:50

 
コントレイルは偉大な父を超える?ダービーでGI3勝目、まだ成長途上。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

力の違いを見せつける形で二冠制覇を達成したコントレイル。これでまだ幼さが残るというのだから完成したらどれだけの馬になるのだろうか。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 航空自衛隊のブルーインパルスが都心上空を飛んで医療従事者を勇気づけた週末、「飛行機雲(CONTRAIL)」と名づけられた駿馬が、歴史的な大仕事をやってのけた。

 14週目の無観客競馬として行われた第87回日本ダービー(5月31日、東京芝2400m、3歳GI)を、福永祐一が騎乗した1番人気のコントレイル(牡、父ディープインパクト、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。父ディープインパクト以来15年ぶりの「無敗のクラシック二冠制覇」を達成した。

 まさに圧巻の強さだった。

 最後の直線に入るとコントレイルの前が開き、いつでもスパートできる態勢になった。それでも福永は手綱を抑えたままだった。

 福永の手が動いたのは、ラスト400m地点の手前だった。手綱を持ち直すようにして軽く気合を入れながら、少しずつ外へと持ち出して行く。

 その外から、皐月賞で叩き合ったサリオスが追い上げてきた。皐月賞ではサリオスが先に直線に入り、内で待ち構えていたが、この日はまったく逆になった。

「遊びながらダービーを勝ってしまう」

 ラスト300m地点。サリオスがコントレイルの1馬身ほど後ろにまで迫ってきた。

 福永のアクションが大きくなった。そして、ラスト200m手前で右の逆鞭を入れた。それに応え、コントレイルは目を覚ましたように脚を伸ばす。こうして加速するだけの余力を、まだたっぷりと残していたのだ。福永はこう振り返る。

「直線ではちょっと遊んでしまう。だから追い出しを少し待っていました。抜け出してからも緩められなかったのは、まだまだ集中し切れていないから。そこはこれから改善されてほしい面ではあるのですが、考えてみれば、遊びながらダービーを勝ってしまうんですから、相当優秀な馬だと思います」

【次ページ】 牡馬も牝馬も無敗の二冠馬。

1 2 3 NEXT
コントレイル
福永祐一

競馬の前後のコラム

ページトップ