沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ダービーの中心はコントレイル不動。
「運動神経が良い」は単純かつ強力。

posted2020/05/30 19:00

 
ダービーの中心はコントレイル不動。「運動神経が良い」は単純かつ強力。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

青鹿毛が美しいコントレイル。その能力の底はまだ見えていない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 戦時中の1944年に能力検定競走として実施されて以来、76年ぶりの無観客開催となる「競馬の祭典」のスタートが近づいてきた。

 第87回日本ダービー(5月31日、東京芝2400m、3歳GI)で無敗のクラシック二冠制覇を狙うコントレイル(牡、父ディープインパクト、栗東・矢作芳人厩舎)は、父のダービーと同じ3枠5番を引いた。

 3枠を引いた馬の騎手は赤い帽子を被る。コントレイルの前田晋二オーナーの勝負服は水色の地に赤のライン。そして、矢作厩舎のステーブルカラーは赤と白であるから、陣営は、もっとも映える出で立ちで、このダービーに臨むわけだ。

 新馬、東京スポーツ杯2歳ステークス、ホープフルステークス、皐月賞と4戦4勝。

 同じ無敗のGI馬として出走してきたサリオスとの一騎討ちとなった皐月賞は、けっして恵まれての勝利ではなかった。序盤は馬場の悪い内を走らされ、さらに1コーナーで他馬に締められ位置取りが後ろになった。それまで好位から結果を出してきた馬がどう立ち回るかと見ていたら、3コーナーで外から前をひとマクりにし、直線でサリオスを競り落とした。

 初めて後方から競馬をしたのだが、道中、まったく掛かることはなかった。距離が400m延びるダービーを戦ううえで、折り合い面に不安のないことは大きな強調材料になる。

「運動神経がいいから足も速い」

 黒光りする青鹿毛の馬体や、相手を見下ろすような強さから、完成度の高い馬のようなイメージがあるかもしれないが、そうではない。育成馬時代、半年ほど調教ができない時期があったため、本格的に人を背に乗せて走り出してから、まだ1年ほどしか経っていないのだ。

「人間に置き換えると2、3年のブランクがあったようなものでしょう。完成はまだまだずっと先です」と矢作調教師。

「スピードがある」とか「瞬発力がある」といった言葉では表現できない能力を持っている。総合力が高いと言ってしまえばそれまでなのだが、矢作調教師は「運動神経がいいから足も速いとしか言いようがない」と話している。

【次ページ】 ディープの代表産駒になるために。

1 2 3 NEXT
コントレイル
サリオス
サトノフラッグ
ワーケア

競馬の前後のコラム

ページトップ