“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J1湘南MF松田天馬の顔つきが違う。
転機はルヴァン決勝の、あの交代。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2020/05/31 11:40

J1湘南MF松田天馬の顔つきが違う。転機はルヴァン決勝の、あの交代。<Number Web> photograph by Takahito Ando

昨季ベルマーレの中核を担った松田天馬。今季の開幕戦は怪我でベンチ外となったが、再開に向けて準備を進めている。

「18番」が自分に馴染んできた。

 最後に余談を1つ。彼が湘南1年目から背負う18番は、実は東福岡高1年時と同じ番号だった。彼のサッカー人生を振り返ると10番を背負うことが多かったが、「10番に対するこだわりはそこまでないですし、プレッシャーもあるのでさすがに選択肢にはなかった」と、小学校時代から愛着があった21番を希望。だが、空きがなく、18番を選んだ。

「今は18番を気に入っています。考えてみると、初めて(故郷の)熊本を離れて東福岡に挑戦した時の最初の番号ですし、湘南でいろんな思いを味わってきた番号。完全に自分に馴染んできました」

 サッカーから遠ざかっている今、彼の心にはベルマーレの「18番」に再び袖を通す情景が映し出されている。

「凄く楽しみです。試合前にユニフォームを『やっと戻ってきたか』と思いながら見つめると思いますし、自分がどんな気分になるのか楽しみです。この感覚は大事だし、つくづくサッカーができている幸せを感じます。早くサッカーがしたいです」

 輝きを取り戻したサッカー小僧・松田天馬。Jリーグが再び動き出した時、ユニフォームに袖を通した感想をまた聞きたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
松田天馬
湘南ベルマーレ
東福岡高校
鹿屋体育大学
曹貴裁

Jリーグの前後の記事

ページトップ