球道雑記BACK NUMBER

戦力外、独立リーグも経験した26歳。
ロッテ三家に響いた堀コーチの言葉。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/29 11:00

戦力外、独立リーグも経験した26歳。ロッテ三家に響いた堀コーチの言葉。<Number Web> photograph by Kyodo News

2019年7月21日、プロ入り初ホームランを放った三家和真(右)。戦力外や独立リーグを経た'16年オフ、ロッテにテスト入団した。

「もっともっと、と思っています」

「野球選手の一生で考えたら26歳とか27歳ってもうレギュラーでバリバリやっていなきゃいけない年ですよね。だから、ああだこうだと言う前に、まずは自分のやるべきことをしっかりやって、与えられた場所で全力を出し切る。それしかない。代打だったら代打で、その一打席、一振りにどれだけ集中して全力でいけるか。それは代走でも守備固めでも一緒だと思うんです。その一瞬にどう入っていけるか。今はそれしかないですね」

 ひとつひとつのチャンスをモノにし、着実にステップアップを図る。

「(昨年は)一軍で23試合、二軍で63試合に出させてもらいました。でも、安心感はないです。もっともっと、と思っています」

 ようやく踏み出したプロ野球選手らしい人生。三家和真はそれをかみしめながら日々を過ごしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
千葉ロッテマリーンズ
三家和真
堀幸一
市立和歌山高校
広島東洋カープ
角中勝也
内川聖一
鈴木誠也

プロ野球の前後の記事

ページトップ