話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「スーパーサッカー」元Pが語る。
終了危機、ライバル、YouTube。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTBS Television

posted2020/05/24 20:00

「スーパーサッカー」元Pが語る。終了危機、ライバル、YouTube。<Number Web> photograph by TBS Television

テレビ業界において、1つの仕事を30年近く続けられることは稀だ。名鏡康夫氏はサッカー漬けの生活に感謝しているという。

サッカー漬けで終えたテレビマン人生。

 名鏡氏は2年前、TBSを定年退職した。1993年の「速報Jリーグ」から「スーパーサッカー」に携わり、以降25年間、サッカー一筋のテレビマン人生だった。

――25年間、サッカー一筋というのはテレビ局員としては大変珍しいですね。

「本当に幸せでしたね。34歳の時にJリーグの番組を始めて、まさかサッカーに携わったまま定年退職をするとは思わなかったです。普通は、他部署への異動が当たり前にあるし、スポーツ内でも野球とか違うスポーツに行くんですけど、僕だけですよ、ずっとサッカーだったのは(笑)。

 他に行くところがなかったからかもしれないですけど、会社が許してくれてありがたかったですし、それはちょっと僕の誇りにもなりました」

――今、外から観るスーパーサッカーの感想はどうでしょうか。

「すごくおもしろい。先日もワンタッチゴールで歴代1位は誰かという企画をやっていたんです。今までのVTRを全部見て、手間を惜しまず、ファンが楽しめて専門家も納得するような企画だったんですが、『すごくいいよ』ってプロデューサーにメールを送りました。手間をかけてもおもしろいものを作ろうという『スパサカイズム』を継承してくれているので、僕はすごくうれしかったですね」

アーカイブこそが番組の財産。

――今後、スーパーサッカーに望むことは何かありますか。

「僕は、絶やさないでほしいなと思います(笑)。どんな形でもいいから続けてほしいですね。この番組の財産はアーカイブだと思うんですよ。27年間やってきて、貴重な映像がたくさんあります。

 これから何十年か経った時、あの監督は選手の頃、こんなこと言っていたし、こんな選手だったんだよって、そういうのがやれるじゃないですか。それができるのって、『スーパーサッカー』だけだと思うんですよ。『継続は力なり』といいますけど、僕らが残してきた映像には力も価値もあると思っていますので、ぜひこれからも続けていってほしいですね」

関連記事

BACK 1 2 3 4
西田ひかる
三井ゆり
白石美帆
加藤浩次
生島ヒロシ
徳永英明

Jリーグの前後の記事

ページトップ