オリンピックPRESSBACK NUMBER

五輪連続出場中のアマレス高谷惣亮。
自宅待機も「そんなに問題ではない」。

posted2020/05/11 08:00

 
五輪連続出場中のアマレス高谷惣亮。自宅待機も「そんなに問題ではない」。<Number Web> photograph by Sachiko Hotaka

東京五輪へ照準を合わせ順調に仕上がっていた高谷惣亮。新型コロナ禍での調整の難しさを問うと「そんなに難しい話ではない」と一笑。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Sachiko Hotaka

 レスリング男子フリースタイル86kg級で東京オリンピックを目指す高谷惣亮(ALSOK)は筋金入りの異端児だ。中学生の頃から大きな大会に出場するたびに「お前、髪の毛が長すぎだ! 切れ!!」と雷を落とされた。

 いまでこそ髪の毛の長い男子レスラーは珍しくないが、時代は16~17年ほど前。レスラーの髪の毛といえば、短髪が当たり前だった。口うるさい指導者から見れば、京都の片田舎からやってきたロン毛の少年レスラーは格好の標的となったのだ。

 そのたびに高谷は「ハイ、ハイ」と相槌を打ちながら聞き流し、自分に言い聞かせた。

「髪の毛を切って世界チャンピオンになれるなら切る。でも、切ったからといってなれるわけではない」

「大事な試合の前には何かしらの試練が」

 実力は十代の頃から折り紙付き。高校時代には早くもシニアの全日本選手権のファイナリストに。その頃、スピーディーなタックルと類まれなイケメンぶりから“タックル王子”と名付けられた。

 オリンピックには拓殖大学卒業後のロンドン・オリンピックから出場している。

「23歳の時だったので、(オリンピックに対して)そんなに難しい感情はなかった。世界選手権に一度も出ることなく、初めての世界大会がオリンピックでした。初戦敗退という結果は自分なりにダメージがありましたね」

 高谷は全ての挫折を糧にする。2014年の世界選手権では銀メダルを獲得。そして2016年のリオデジャネイロ・オリンピックにも出場を果たし、7位入賞を果たす。

 とはいえ、リオの時には試合の1週間前に内側じん帯を痛めるという試練を味わった。

「やっぱり大事な試合の前には何かしらの試練があると思っている。それが今回コロナという形で現れたんだと思います」

【次ページ】 年初は、まだ新型コロナ禍に楽観論が出ていたが……。

1 2 3 4 NEXT
高谷惣亮
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ