オリンピックPRESSBACK NUMBER

五輪連続出場中のアマレス高谷惣亮。
自宅待機も「そんなに問題ではない」。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySachiko Hotaka

posted2020/05/11 08:00

五輪連続出場中のアマレス高谷惣亮。自宅待機も「そんなに問題ではない」。<Number Web> photograph by Sachiko Hotaka

東京五輪へ照準を合わせ順調に仕上がっていた高谷惣亮。新型コロナ禍での調整の難しさを問うと「そんなに難しい話ではない」と一笑。

レスリング界の常識を見事覆せるか?

 ロンドンとリオは74kg級に出場した。

 その後非五輪階級の79kg級を経て、一昨年12月の全日本選手権から86kg級に転向した。

 リオの時と比べると12kgという体重増も、高谷にとってはそれほど大きな不安要素ではない。

「79kg級は86kg級で闘うためのクッションでした。いきなり86kg級で力と力の勝負になっても勝てませんからね。でも、フィジカルトレーナーの松栄勲先生が体の使い方や闘い方をレクチャーしてくれるので、この階級の闘いもだいぶ馴染んできた。東京で金を獲ることも夢ではないと思っています」

 30歳を過ぎても強くなれる。

 筋金入りの異端児は「男子レスリングで日本が活躍できるのは軽量級だけ」という常識を覆すか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高谷惣亮
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ