JリーグPRESSBACK NUMBER

流経大のコーチになった曹貴裁。
現場復帰への葛藤と変わらぬ熱さ。 

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/05/04 11:50

流経大のコーチになった曹貴裁。現場復帰への葛藤と変わらぬ熱さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

流経大のコーチ就任以降、真摯に学生と向き合ってきた曹貴裁。サッカーへの情熱はそう簡単に消えることはない。

すべてがゼロになるわけではない。

 時間をかけてじっくりと話し込んだ。その場で話はまとまらなかったが、徐々に心を開いてくれているのは感じ取れた。2人の接点はこれまでほとんどなく、社交辞令の挨拶を交わす程度。それでも、日本サッカー協会の技術委員会の一員でもある中野監督は同じ指導者として、他人事に思えなかった。

「今回、チョウさんに下った処分は、自分のことのように捉えているんです。多くの指導者たちも、きっと失敗してきたはず。チョウさんは日本サッカー界の宝です。1度の失敗で、これまでの功績がすべてゼロになるかと言えば、そうではない」

 ただ本人が最後まで気にしたのは、大学側への配慮だ。コーチ陣、選手たちに嫌な思いをさせないか。サッカー部の名前に傷をつけないか。中野監督が「気にすることはない」と説得しても、すんなりはいかなかった。

 今年1月、流通経済大の施設に直接招き、コーチ陣と選手たちに対面させた後、ようやく前向きな言葉が出てきた。

「現場に立ちたくなってきました」

「チョウさんとともにいい1年に」

 アマチュアでの再出発は、簡単に決断したわけではない。そしていま、まっすぐに大学サッカーと向き合っている。コーチ陣とは良好な関係を築き、選手たちにも歓迎されている。当初は緊張して身構えていた4年生たちも、壁を感じなくなった。

 最終学年でレギュラー奪取を誓う冨永和輝は、曹貴裁コーチの指導で成長のきっかけをつかんだ1人。

「チョウさんが来てから、チームが良くなったとみんな言っています。プロの基準で話してくれますし、個人的にもいいコミュニケーションが取れています。湘南時代の梅崎司選手や杉岡大暉選手(現・鹿島アントラーズ)たちの話もしてもらいました。今季は2部リーグで優勝して、チョウさんとともにいい1年にしたいです」

 5月30日に予定されていた関東大学リーグの開幕は再延期となり、先行き不透明な状況が続いているものの、流通経済大の監督、コーチ、選手たちのモチベーションが落ちることはない。どんな困難も乗り越えていくはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
曹貴裁
流通経済大学
中野雄二

Jリーグの前後の記事

ページトップ