欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

イブラはスウェーデンで本格トレ中。
ミランから母国への電撃復帰も? 

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/05/04 20:00

イブラはスウェーデンで本格トレ中。ミランから母国への電撃復帰も?<Number Web> photograph by Getty Images

ミランの救世主となるはずだったイブラヒモビッチ。セリエA中断でまさかの電撃移籍再び、となるのか。

ハンマルビーでのプレーも選択肢?

 そのカリスマ性を考えても、彼の離脱はミランにとっては損失となってしまうだろう。若手に切り替える路線を進むのであっても、なおさらのことだ。

 そんな彼の去就について、母国スウェーデンでは「やはり契約を更新しないことになるのではないか」という見方が強いのだという。

 アミリ記者は「セリエAがどう回復するのかに関わってくるのではないか」と言う。

「金曜日に練習試合を戦った後、彼は『様子を見てみたい』と言った。実はこのセリフは『今後ハンマルビーでプレーすることもあり得ますか?』という質問に対する答えなんだ。つまり、スウェーデンの多くの人々は、このままイタリアサッカーが再開しない場合は、イブラヒモビッチがハンマルビーでプレーすることになるだろうと思っている」

当然、イブラは母国の英雄である。

 当然ながら、イブラヒモビッチは母国の英雄である。

 アミリ記者によれば「イブラヒモビッチがミランに復帰したことでセリエAへの関心はものすごく高くなった。それまで興味を示さなかった人たちも、ミランとイブラの試合の中継を観るようになった」という。

 そんな彼が自国のリーグに戻る可能性があるというのなら、その期待も自ずと高まってくるというものだろう。

 4月30日の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によれば、ガジディス自身はミラン残留を願ってサラリーキャップの上限を当て嵌めない意向だという。だが予想される若手への切り替えに伴い、両者は今後もビジョンを共有することができるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ズラタン・イブラヒモビッチ
ACミラン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ