“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

調子乗り世代の怒りと快進撃の記録。
内田篤人「このチームがかなり好き」 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph bySnspix/AFLO

posted2020/04/26 11:50

調子乗り世代の怒りと快進撃の記録。内田篤人「このチームがかなり好き」<Number Web> photograph by Snspix/AFLO

ゴール後のパフォーマンスで会場を沸かせた2007年U-20W杯カナダ大会。ベテランとなった今でも「調子乗り世代」は健在だ。

ひょうきん者の中で冷静な内田。

 ただ、印象的だったのは右サイドバックの内田だ。みんながパフォーマンスに参加する中、ひとり参加しなかったのだ。

「初戦はあんなパフォーマンスをするなんて知らなかったもん(笑)。そもそも恥ずかしいもん。もしあの後失点してしまったら嫌じゃないですか。俺は点を取って喜んだ後にすぐに失点した嫌な思い出があるから」

 いかにも内田らしい回答。だが、決して仲間に対して冷めた態度を取っていたわけではなく、それらを側から眺めていることが肌に合った、といった印象だった。

「俺はこのチームがかなり好きだから、もっともっとこの最高の仲間でサッカーをやりたいね」

 ひょうきん者が多い中、一歩引いた立場でクールに立ち振る舞いながらも、嫌な表情は一切浮かべない。チームにおいて、とてもいい潤滑油だった。

 次々と対戦相手を凌駕するサッカー、そしてゴールパフォーマンスに象徴するチームワーク。カナダで躍進する彼らを見て、「これはひょっとして……」と抱いた期待感は今でも胸に残っている。

「ドラゴンボール」も好評、上々のスタート。

 迎えた2007年7月11日。ベスト8を懸けた決勝トーナメントラウンド16、チェコ戦。この日も日本代表はヴィクトリアで戦った。

 日中の気温は35度と、それまでの50年間で最高気温を記録。キックオフの20時15分でも気温30度と、過酷なコンディションのなかで試合は始まった。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は、22分に柏木の左CKから槙野がヘッドで合わせて先制。待ってましたと言わんばかりにバックスタンドに向かった槙野は、日本が誇る人気アニメ『ドラゴンボール』の元気玉を表現した。47分には田中が獲得したPKを森島が決めて、再びドラゴンボールのパフォーマンス。完全に日本ペースだった。

 しかし、ここから流れが一気にチェコへ傾く。

 日本は猛攻に転じたチェコの圧力を前に、74分、77分と立て続けにPKを献上してしまい、気がつけば2-2の同点に追いつかれた。

「ちょっと整理がつかなかった。ここで自分たちを見失ってしまった」(梅崎)

 終盤の85分にはチェコに退場者が出て、再び日本に流れが傾いたが、チェコのゴール前を固める守備をこじ開けられず、延長戦へ突入した。

 延長後半5分、梅崎に代わった投入された香川が決定機を作り出す。同13分にゴール前の混戦から相手GKが飛び出した状態で、フリーの香川の目の前にボールがこぼれた。ゴールとの距離はわずか3mほど。誰もが「決まった」と思ったが、香川の放ったシュートはゴールライン上にいたDFの腕に直撃。明らかなハンドだった。しかし、主審の笛は鳴らない。

 ピッチ上に「混乱」が広がったまま、延長後半アディショナルタイムには途中出場のMF藤田征也(徳島ヴォルティス)が一発退場。勝負はPK戦までもつれ込んだ。

【次ページ】 もう1度、2-0のところに時を戻したい。

BACK 1 2 3 4 NEXT
吉田靖
内田篤人
香川真司
槙野智章
森重真人
柏木陽介
林彰洋
太田宏介
梅崎司
田中亜土夢
安田理大
青山隼
森島康仁
河原和寿

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ