バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグ界きってのスーパーサブ。
遅咲き鈴木悠二の武器と新たな挑戦。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byTORAY ARROWS

posted2020/04/24 11:00

Vリーグ界きってのスーパーサブ。遅咲き鈴木悠二の武器と新たな挑戦。<Number Web> photograph by TORAY ARROWS

Vリーグ「スーパーサブ部門」の1位に選出された鈴木悠二(18番)。最大の武器は磨き続けたジャンプサーブだ。

「時間がかかるタイプなんで」

 昨季は代表選手のチームへの合流がリーグ開幕直前になるということもあり、開幕のミドルは鈴木で行こうと篠田監督は腹をくくっていた。しかし鈴木は開幕の1週間前に右太腿肉離れの怪我を負い、出遅れてしまった。結果的に昨季は、鈴木のミドルブロッカーとしての出場はなかった。

 リーグ中、鈴木はミドルブロッカーの難しさを語っていた。

「全部難しい。ブロックは、サイドの時は結構割り切って狭い範囲を見ていたけど、ミドルは全部行かなきゃいけないし、頭をめちゃくちゃ使うので大変です。クイックも、僕のスピードじゃ全然ちゃんと叩けないし、(打つコースの)判断も一瞬でしなきゃいけない。なかなかうまく行かないですね」

 そう言いながらも、暗く思いつめる様子ではなかった。

「いつかうまくなんのかな……。ま、でもサイドも遅くにうまくなったので。時間がかかるタイプなんで、僕は」

 7年目29歳でレギュラーをつかみ、11年目にポジション転向。サーブを武器にスーパーサブとしても輝くVリーガー、鈴木悠二。

 2020/21シーズンも引き続きミドルブロッカーに挑戦する。肩の力を抜いて、コツコツと継続した末に、ミドル2年目の今季はどんな姿を見せてくれるだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
鈴木悠二
東レアローズ
篠田歩
秋山央
ジルソン・ベルナルド

バレーボールの前後の記事

ページトップ