SCORE CARDBACK NUMBER

対照的なスタイルで鎬を削った
好敵手2人がそろって殿堂入り。
~ガーネットとダンカンの晴れ舞台~

posted2020/04/23 08:00

 
対照的なスタイルで鎬を削った好敵手2人がそろって殿堂入り。~ガーネットとダンカンの晴れ舞台~<Number Web> photograph by Getty Images

今年は合計で9人が殿堂入りする。現役時代には数多く対戦してきたダンカン(左)とガーネットも名を連ねた。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 背番号21の2人、ケビン・ガーネットとティム・ダンカンが同時にバスケットボール殿堂入りする。今年殿堂入りする9人が4月4日に発表され、1月にヘリコプター事故で亡くなったコービー・ブライアントらと共に、ガーネットとダンカンの殿堂入りが確定した。

 2人は共にNBAのトップフォワードとして活躍し、2016年に引退するまでそれぞれ15回ずつオールスターに選ばれたライバルだ。現役時代に直接対戦したのは、レギュラーシーズンとプレイオフを合わせて52試合。勝敗ではダンカンのほうが上回っていたが、個人スタッツはほぼ互角で、対戦はいつも見ごたえがあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール

関連記事

ケビン・ガーネット
ティム・ダンカン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ