箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

帝京大・中野監督の葛藤と危機感。
「来年の箱根駅伝は想像できない」 

text by

和田悟志

和田悟志Satoshi Wada

PROFILE

photograph bySatoshi Wada

posted2020/04/17 11:00

帝京大・中野監督の葛藤と危機感。「来年の箱根駅伝は想像できない」<Number Web> photograph by Satoshi Wada

帝京大の中野孝行監督は2005年に就任、今年まで3年連続シード権を獲得するなど強豪校に育てた。

今は動かないことが大事。

「学生たちの健康を保持するためには、今は事態を収束させることを優先するべき。そのためにも今は、時間が経つのを“待つ”べきなのかもしれません。“動かない”ことが大事なのだと思う」

 アイルランド出身の劇作家、サミュエル・ベケットの代表戯曲『ゴドーを待ちながら』は「Nothing to be done.」というセリフから始まるが、中野監督との電話を終えた後でそのセリフを思い出した。

 私の勝手な解釈だが、「することがない!」というショートメールは、実は中野監督の現況に対する姿勢の表明だったのかもしれない。それは、決してネガティブな姿勢などではない。明るい未来を取り戻すための、ポジティブな姿勢だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中野孝行
帝京大学

陸上の前後の記事

ページトップ