競馬PRESSBACK NUMBER

ホープフルS→ぶっつけで皐月賞!
コントレイル&福永祐一の大挑戦。

posted2020/04/16 07:30

 
ホープフルS→ぶっつけで皐月賞!コントレイル&福永祐一の大挑戦。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

ホープフルSから直行となるコントレイル。昨年はサートゥルナーリアが同じ臨戦過程で皐月賞を制した。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 新型コロナウイルスの騒動により揺れているのは競馬界も世間一般と同様だ。

 それでもJRAを始めとした関係各所の尽力もあって、なんとか途切れる事なく開催を継続。先週末にはクラシック第一弾の桜花賞(GI、阪神競馬場、芝1600メートル)が無事に開催された。デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が2歳女王のレシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)を差し切って桜の女王の座に輝いた。

 さて、今週もこのまま無事にいけば舞台を関東に移し皐月賞(GI、中山競馬場、芝2000メートル)が行われる。今回は牡馬のクラシック戦線の一冠目。牡馬クラシック三冠レースの幕開けだ。

 桜花賞が比較的多士済々のメンバー構成との下馬評だったのに対し、皐月賞は2~3頭に人気が集中しそうな雰囲気だ。

サトノフラッグ、サリオス、そして。

 3強と目されているのがコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)、サトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)、そしてサリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)か。

 皐月賞と同じ舞台の中山競馬場、芝2000メートルで行われた弥生賞ディープインパクト記念(GII)を父・ディープインパクト譲りの豪快な脚で差し切って勝ったのがサトノフラッグ。デビュー2戦目から3連勝で、ここまで4戦3勝。

 また、同じ3連勝でも3戦3勝と負け知らずなのがサリオス。前走はGIの朝日杯フューチュリティSという事で、例年ならぶっちぎりの1番人気に支持されてもおかしくない実績を引っ提げてここに名乗りを挙げてきた。

 そんな両頭を抑えて1番人気が予想されるのがコントレイルだ。こちらもデビューから3戦全勝。2戦目の東京スポーツ杯2歳S(GIII)は東京競馬場の芝1800メートルを1分44秒5のレコードで快勝。この時計は従来の2歳レコードを1秒4も上回ったばかりか3歳以上を含めたコースレコードにも0秒3差に迫るとんでもないレコードだった。

 そして3戦目がGIのホープフルS。こちらも皐月賞と同舞台で、あっさりと優勝。2着とは1馬身半の差といえ、競馬ぶりとしてはその着差以上に楽勝と思わせる走りを披露してみせた。

【次ページ】「当然、日本ダービーを狙いたい」 

1 2 3 4 NEXT
コントレイル
福永祐一
サトノフラッグ
サリオス

競馬の前後のコラム

ページトップ