マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

もし夏の甲子園が無くなったら……。
「来年の選抜に3年生」の思考実験。

posted2020/04/07 11:50

 
もし夏の甲子園が無くなったら……。「来年の選抜に3年生」の思考実験。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

センバツは中止になった。夏の甲子園は無事開催されると、誰が確信を持って言い切れるのだろうか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 センバツが中止になって、「救済策など必要ないのでは」と「親の達成感、どうしてくれるの」というセンバツ球児救済策について、2本のコラムを書かせていただいた。

 その通り! 高校球児たちは強くあらねばならない! というご意見もあれば、痛烈なお叱りもいただいている。

 すでに多くの都・県で春期大会の中止が決まり、また、関東大会、東海大会、中国大会、四国大会が中止になっているという流れから、春季大会の中止はさらに増えていきそうな気配で、その先すぐに「夏の甲子園」の予選を控えて、むしろそちらのほうが大丈夫なのか……という不安が日々つのってきている。

「救済策」という表現は当たらないのかもしれないが、もし“夏”まで失くしてしまった場合の高校球児たちへの「対策」を、今から考えておくぐらいでちょうどよいのではないか。そんな思いが頭の中をチラチラし始めている。  

 こんなことをお話しすると、「また思いつきで荒唐無稽なことを」と言われそうだが、こんな混乱した世情にたまたま遭遇してしまった高校球児たちが、いくらかでも救われる1つのヒントにならないか…という願いを込めて、あえてご披露させていただきたい。

来年のセンバツに3年生を。

 まず、「緊急特例」として、今の高校3年生球児に来年のセンバツの出場資格を与える。 

 通常は、夏の大会を終えると3年生は現役を引退して、チームは2年生、1年生だけで構成される「新チーム」に世代交代。彼らによる秋季大会の結果を参考にして、翌春のセンバツ出場校が選ばれる。

 それを、今年に限って、新チームの秋季大会は1、2年生で行うが、翌春のセンバツの参考にはせず、「2021センバツ」を「2020センバツ」の延期版として、出場校も持ち越しで行うことにする。

 その大会には、特例として「3年生」も出場でき、通常、2学年で行うセンバツを、2021年だけは「3学年」で行うのだ。

【次ページ】 引退してもいいし、継続してもいい。

1 2 3 4 NEXT

高校野球の前後のコラム

ページトップ