欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

鎌田大地の肉体を完璧にケアする男。
鍼灸師・黒川孝一、メディカルの極意。

posted2020/04/03 11:35

 
鎌田大地の肉体を完璧にケアする男。鍼灸師・黒川孝一、メディカルの極意。<Number Web> photograph by Getty Images

今や長谷部誠(右)ともにフランクフルトに欠かせぬ鎌田大地。黒川孝一は鎌田の肉体ケアも任されている。

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 プロスポーツ選手にとって痛みなく自分の意図通りに身体を動かせる状態をキープすることは、プレー内容うんぬん以前に気を配らなければならない大事なところだ。

 そこをおざなりにしていたがために負傷が続いてしまったら、それこそ選手キャリアの危機にもつながってしまう。自分に合ったフィジオ、鍼灸師の存在は生命線とも言える。

 ただし鍼治療は複雑で、同じ技術でも選手の身体との相性により効きが悪いこともある。治療する側は、どのように選手たちをケアしているのか。長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトで鍼灸師として働く、黒川孝一に詳しく話を伺った。

「僕の場合、まず指でほぐして」

「10人いれば10人技術が違いますね。施術者の性格もあると思います。例えば、うちのドクターは僕以上に鍼を使いますし、僕が使っているのより太い注射のような鍼を使って、痛みのあるところにズボっと打つような鍼治療をしています。僕はほとんど痛くない細い鍼を使って、身体や筋肉へのストレスを少なくて効果出す事を意識しています。そちらを好む選手は僕の方に来て、強く刺激してほしい選手はドクターのところに行きます」

 鍼さえ打てばそれでオッケーというわけではない。黒川はまず指でしっかり凝っている場所を探すようにしている。1つの筋肉のなかに痛んでいる場所が何カ所もあり、そこを見逃さないように探すことが大切だと言う。見逃すと、それが原因で肉離れを起こすこともあるだけに、丁寧に時間をかけてほぐしていく。

「僕の場合は、まず指でしっかりほぐして、ほぐれにくいところには鍼を打ちましょうか、というふうに選手とコミュニケーションを取ります。フランクフルトの日本人選手はそのあたりを結構分かっているので、自分たちで細かく『今はこういう状況だから、こうした治療をしてほしい』と言ってきます」

【次ページ】 スプリントが多かった試合だと。

1 2 3 4 NEXT
黒川孝一
フランクフルト
鎌田大地
長谷部誠

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ