ラグビーPRESSBACK NUMBER

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。
頼もしい若きジャパンの「優勝」。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byZoomfiji

posted2020/03/17 11:40

日本ラグビー、2023年へ膨らむ期待。頼もしい若きジャパンの「優勝」。<Number Web> photograph by Zoomfiji

パシフィック・チャレンジ2020で初優勝を飾ったジュニア・ジャパン。今回は6月から行われるU20世界選手権に挑むメンバーを中心に構成した。

次のターゲットはU20世界選手権。

 ジュニア・ジャパンでは他にも、フィジー戦で2トライをあげた上に相手のトライを防ぐ好タックルを再三みせたWTB木田、豪快なラインブレイクでランニング能力の高さをアピールしたFB河瀬諒介(早大2年)、FW第3列からSO、WTBまでこなし、サモア戦では5トライを決めたヴァイレアなど、まぶしい才能たちが躍動した。

 次のターゲットは6月からのU20世界選手権(イタリア)。U20限定の編成となるためオーバーエイジの藤原らは対象外となるが、それは次の選手にとってアピールチャンスとなる。昨年のワールドカップでインパクトを与えた日本ラグビーの進化を実証したニューエイジたちの、さらなる躍動に期待したい。
 
  残る心配は、イタリアでの開催が実現できるかだが……。

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤原忍
丸山凛太郎
相良昌彦
李承信
木田晴斗
ハラトア・ヴァイレア

ラグビーの前後の記事

ページトップ