ラグビーPRESSBACK NUMBER

コロナ禍でもエディー劇場は健在。
イングランドの進化と契約延長の是非。

posted2020/03/19 11:50

 
コロナ禍でもエディー劇場は健在。イングランドの進化と契約延長の是非。<Number Web> photograph by Getty Images

新型コロナウイルスの影響で大会が中断されたシックスネーションズ。エディー・ジョーンズ率いるイングランドは3勝1敗と、優勝の可能性を残している。

text by

竹鼻智

竹鼻智Satoshi Takehana

PROFILE

photograph by

Getty Images

 世界中で拡散が続く新型コロナウイルスと、その感染拡大への対応として大規模イベントの中止・延期が次々と決定される、2020年冬。欧州ラグビーの最高峰、シックスネーションズ(欧州6カ国対抗戦)もその例外ではない。

 今大会では、2月から3月にかけて予定されていた15試合中、4試合が延期となり、予定されていた大会期間を終えた。

 大会主催者は、試合は中止ではなく延期であることを強調するが、現在のところその日程は、「今年の秋」、とまでしか決まっておらず、試合の再手配の実現自体を疑問視する声もある。

 こうして、従来の大会日程中には順位すら決定しなかった今年のシックスネーションズだが、欧州のラグビー界を沸かせる話題だけは、今年も健在だ。

若きフランスに敗れ、エディー劇場は賑やか。

“レ・ブルー”の愛称で知られるフランス代表は、自国開催となる2023年W杯に向け、大胆な世代交代を行った新チームで今大会に挑んだ。イングランドとの開幕戦前の代表合宿には、初招集となる19選手を含む42選手が招集され、その平均年齢は24歳。

 対するイングランドのエディー・ジョーンズ監督は、開幕戦前の記者会見でフランスのメンバーについて聞かれると、「テストマッチがどういうものだか、我々が教えてあげましょう。徹底的に叩き潰しにいきます」、とメディアを煽り、伝統の一戦へ向けたビルドアップに一役買う。

 しかし、試合はミスの目立つイングランドに対し、奔放にボールを動かす伝統的なフランスラグビーのスタイルが機能し、24-17でフランスに軍配が上がる。フランスは、23歳のSHアントワンヌ・デュポン、20歳のSOロマン・ヌタマックが絶妙なゲームコントロールを見せ、ホームでの開幕戦で快勝を挙げた。

 辛辣なイングランドのメディアは、試合前のジョーンズ監督のコメントや、試合でのパフォーマンスを厳しい論調で批判。更には、代表監督として次のW杯までの契約延長の是非についての議論にまで発展。1試合負けただけで大騒ぎとなるのはイングランド代表の常であり、多くの観衆を巻き込む「エディー劇場」は、今年も賑やかだ。

【次ページ】 小競り合い、危険なタックル……。

1 2 3 4 NEXT
エディー・ジョーンズ
オーウェン・ファレル
マロ・イトジェ
ジョージ・フォード
トム・カリー
ジョージ・ファーバンク

ラグビーの前後のコラム

ページトップ