松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

日本代表の高田千明と大森盛一コーチ。
東京パラで叶えたいことを修造に語る。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/03/16 07:00

日本代表の高田千明と大森盛一コーチ。東京パラで叶えたいことを修造に語る。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ひとりの夢が多くの他の人の夢や未来につながる……高田千明が目指す夢は周りを幸せにしているようだ。

「私は楽しく笑って人生を終えたい」

高田「今、大森さんやクミさん(幅跳びの日本記録保持者・井村久美子)がより遠くへ跳ぶために一生懸命教えてくれていて、私は2人を信じてしっかり練習を積むだけ。選手としての目標は、決勝の舞台で5mを跳んで、一番高いところに立つこと。世界記録では5m40を跳んでいる選手もいるんですけど、大きな大会で実力を十分に発揮できる選手は少ないので。それを一番に目指したいです。

 それ以外では、さっきも言った通り、私は楽しく笑って人生を終えたいと思っているので、自ら前に出て行く勇気を皆さんに示したい。どうしても障がいのある方って自分をお荷物と捉えがちなんですけど、決してそうではない。自分が行くと迷惑がかかるとか、できないから恥ずかしいとか、そういう風に考えて欲しくないんです。障がいを個性と考えれば、色んな個性があって良いと思うし、できないことは手伝ってもらえば良い。みんなが手をさしのべられる社会になれば、自分たちのやりたいことがどんどん広がっていくと思います」

松岡「それは大事なことだね。海外のひとに話を聞くと、日本は良い国。でも障がい者には手をさしのべてくれないねって話をよく聞くから。でも、本当は心の中で手をさしのべたいと思っているはずなんですよ」

大森「思っているけど、どう声をかけたら良いかわからないからじっと見ている。あの人ぶつかりそう。で、ぶつかった後に『やっぱりぶつかった』って。ことが起こってから手をさしのべるんじゃなくて、ことが起こる前に止めようという話ですね」

「パラリンピックの面白さはきっと伝わる」

松岡「そういうことを含めて、千明さんマインドがどんどん広がっていくと良いな。大森さんはどうですか。東京で叶えたいことは」

大森「自国開催ですし、パラスポーツを見てくれる人は確実に増えると思うんですよ。で、おそらく、少なくない人が物足りなく感じるんじゃないかと思うんです。中には走り幅跳びのマルクス・レームみたいな超人がいますけど、記録的にはやっぱり健常者と比べてかなり劣るので。

 たとえば彼女の全盲クラスの100m走は、女子の世界記録が11秒9くらい。でも、五輪だと10秒に迫るくらいだから、そのスピード感とかは想像以上に遅いんです。だから面白くないと感じる人がいるかもしれないけど、それは見るところが違うんですね。

 記録ではなくて、彼らがどんな障がいを持って、持てる力をいかに発揮しようとしているかを見てほしい。目をつぶって全力で走って、5m跳べる人がいますかと言う話です。そこに注目してみてもらえば、パラリンピックの面白さはきっと伝わると思います」

【次ページ】 「様々な人たちが集うクラブにしたくて」

BACK 1 2 3 4 NEXT
高田千明
大森盛一
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ