松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

日本代表の高田千明と大森盛一コーチ。
東京パラで叶えたいことを修造に語る。

posted2020/03/16 07:00

 
日本代表の高田千明と大森盛一コーチ。東京パラで叶えたいことを修造に語る。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ひとりの夢が多くの他の人の夢や未来につながる……高田千明が目指す夢は周りを幸せにしているようだ。

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 松岡修造がパラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。第10回のゲストはパラ陸上、女子走り幅跳びで東京パラリンピックの日本代表に内定した高田千明さんと、コーチの大森盛一さん。

 高田さんはリオパラリンピックに出場を果たし、日本記録を更新する大ジャンプを見せ、女子走り幅跳び・視覚障害T11(全盲)クラスで8位に入賞した。

 だが、もちろんこれが競技人生のハイライトではない。

「特別な空気感がどちらにもあります」

松岡「次の大会が東京に決まったとき、どんな思いでしたか。今から6年ほど前のことです」

高田「大森さんが『次は東京だって。東京まではやるよね』って聞いてきて。でも、その時はまだリオに出られるかどうかも決まっていなかったので、ちょっと考えられなかったです」

松岡「急に冷静ですね。大森さんの方が気合いが入っていた」

大森「だって自分が現役でいる間に自国で開催されるなんてほとんどあり得ない話ですからね。そんなチャンスがめぐってきたのに、目指さない手はないでしょうと」

高田「リオの時も私以上に気合いが入っていて、100m走で私を置いて行っちゃうんじゃないかって心配になりました」

大森「あれは何回出ても良いですね。アドレナリンが出まくります。それなのにこの人はスタート前に震えたりしているんですよ。何ビビってんだって」

松岡「そりゃ千明さんは初めてですから、多少はビビりますよ。リオは100mにも出場したんですか」

大森「予選落ちでしたけどね。僕は早くあの舞台で走りたくて、予選からウズウズしてました。自分が楽しんでましたね」

松岡「オリンピックとパラリンピック。何か違いを感じたりしますか」

大森「同じです。味わったものにしか分からないですけど、特別な空気感がどちらにもあります」

高田「それまでにもカタールの世界選手権や、韓国のアジア大会に出させてもらってましたけど、雰囲気がまるで違うんです。選手もみんなピリピリしている感じで、緊張感が伝わってくる」

松岡「千明さんは目が見えない中、どうやって雰囲気の違いを感じるんですか」

高田「何だろう。世界選手権だと楽しそうにしている選手も、パラとなるとそういう雰囲気がまるでなくて。みんなすごく集中しているんです。大森さんも普段以上にストレッチを入念にしたり、なんかいつもと違うなって(笑)」

【次ページ】 「思ったことは口に出して言ってみる」

1 2 3 4 NEXT
高田千明
大森盛一
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ