欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア来季CL権、2枠争いが熱い。
チェルシー、マンUの命運を握る男。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/03/12 11:40

プレミア来季CL権、2枠争いが熱い。チェルシー、マンUの命運を握る男。<Number Web> photograph by Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは進境著しいイガロの活躍によって、CL出場権を得られるか。

ユナイテッドの命運を握るイガロ。

 ユナイテッドのキーマンはオディオン・イガロだ。前線でハードワークを厭わず、二重三重のマークを簡単に突破するパワーがある。さらにはシュートが上手く、マーカーから離れる術まで備えている。

 ズラタン・イブラヒモビッチが退団した後、ユナイテッドの前線はスピードと技巧が強みの選手が多く、イガロのようなポストワーカーがいなかった。相手DFを背にした際の対応を苦手とし、弱々しくボールロストするタイプばかりだった。

 こうした弱点をイガロが補うため、アントニー・マルシャルは適性と考えられる2列目の左でプレーできる。中央に比べるとマークが薄くなるサイドなら、彼のドリブルはより威力を発揮するに違いない。

 また、ボールを収められるイガロの背後に、テクニシャンのフアン・マタ、シュート力に富むメイソン・グリーンウッドを配する4-4-1-1、あるいは4-3-2-1といった新しい陣形も可能になるはずだ。

 ブルーノ・フェルナンデスの獲得で中盤にリズムが生まれ、イガロがフィニッシュの精度を高め、バリエーションを豊富にしている。オーレ・グンナー・スールシャール監督の采配は相変わらず謎だらけだが、2-0で勝利したシティ戦を見ても、ユナイテッドが一時の低調から脱出しつつあることだけは間違いない。

 プレミアリーグは残り9、10試合。フィナーレが近づいてきた。

 長く過酷なシーズンに多くのチームが心身ともに疲弊している。それでもターゲットに向かって集中力を高められるのか。それとも些細なミスですべてを失うのか。いよいよ胸突き八丁を迎えた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
チェルシー
マンチェスター・ユナイテッド
シェフィールド・ユナイテッド
レスター
ウォルバーハンプトン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ